お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【お土産】京都北山マールブランシュのバームクーヘン・ジャポン(京遊記)のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

日本は英語だとジャパン!これは有名だと思うけどジャポンってなんだろう?と疑問に思っている人が多いはず。ジャポンはフランス語だね。

結構お菓子系の名前ってフランス語で付けられることがいから、バームクーヘン・ジャポンもカッコイイから、響きが良いから、みたいな理由でフランス語にしたんだと思う。

正直個人的には、ジャポンよりジャパンの方が響きは良いと思うけど、フランス語ってだけでオシャレな雰囲気になるのかもしれない。

バームクーヘン・ジャポンについて

ここでは、バームクーヘン・ジャポンの賞味期限、保存方法などについてテーブルでまとめておくよ。毎回のことながら、カロリーはバームクーヘンが入ってた箱にも公式サイトにも記載がありませんでした。

名称 洋菓子
商品名 バームクーヘン・ジャポン
価格 ¥1,706
原材料名 卵、砂糖、バター、コーンスターチ、小麦粉、和三盆糖
米粉、クリーム(乳製品)、加糖練乳、レモン果汁、洋酒
塩、寒天、トレハロース、乳化剤、増粘剤(グァーガム)
内容量 1個
賞味期限 出荷日より15日以上(自分の時は18日)
保存方法 高温多湿、直射日光を避けて保存する
製造者 (株)ロマンライフRMK 〒607-8134
京都市山科区大塚北構町30番地
☎0120-139-399 マールブランシュ

お土産の開封と食べた感想

ここでは実際にバームクーヘン・ジャポンを開封するところから食べていく様子を紹介していくよ。

通販で購入した場合は上の画像のように白い紙のフタ(保護カバー)がかぶされた状態で届く。最初フタじゃなくて白い箱だと思って持ち上げたらタダのフタでびっくりした。

デパートで包んでもらえるような落ち着きのある包装紙。

こちら側の面には、右下に賞味期限と連絡先。真ん中にMのロゴが入った金色のシールが貼られている。

今回はビリビリせずに上手く剥がすこと出来た。一安心。

包装紙をめくると白い高級感のある箱のようなものが顔を出す。つまり箱の中に箱がある二重構造なのか?と思ったらそうではなくこれはタダのフタだったみたい。

それはそうだよね。たった1,700円程度の洋菓子に毎回高級な箱を製造するとか、どう考えてもコストパフォーマンスが悪すぎるもん。真ん中にあるロゴはバームクーヘンをイメージしてデザインされたものかな?存在感が凄いね。

箱の裏面は賞味期限や保存方法が記載されている。外箱は、本物の木ではないだろうけど木に近い素材で作られている。

白いフタにはフタを外すヒモのようなものが備え付けられている。これを引っ張ってフタを開ける。

上の画像で伝わるか分からないけどかなりペラッペラなフタだよ。勿体ない気もするけど、使いどころがないしこれは捨てるしかさそうだ。

バームクーヘン・ジャポンの説明書きみたいなもの。

裏面にはマールブランシュの連絡先が記載されている。

これが本日メインのバームクーヘン・ジャポン。普通のバームクーヘンより圧倒的に黄色い。見た目はめちゃくちゃ美味しそうだよね。

厚みも凄い。重厚感がある。

右上か右下に切り口があるからここから袋を開けていく。

ようやく顔を見せてくれたバームクーヘン・ジャポン。これはどう見ても美味しくない訳がない。もう普通にバームクーヘンの領域を超えたケーキみたいだね。これは期待出来そう!!

側面にある保護フィルムを剥がしていく。

バームクーヘン・ジャポンが載っていた台座には、BAUMKUCHEN JAPONの文字が刻み込まれている。

保護フィルムを剥がすと側面には和三盆糖の衣が見える。あー早く食べたい。

1人で食べるにはあまりにも大きすぎるため、食べれるサイズに切ってみた。このくらいなら小食な自分でも余裕で食べれる。

それで実際に食べてみた感想なんだけど、失礼なのを承知で言ってしまうと本当にどこにでもあるバームクーヘンでしかなかった。

というより、最初口にした時は嫌な感じが口の中を走った。なんだろう。火が通るギリギリに焼きを抑えているのがこの味に繋がっているのかな。

だとしたらせっかく苦労して作ったのにマイナスポイントを増やしていることになるな。

凄い期待してしまっていただけに残念な気持ちが強い。このくらいの味ならわざわざこれだけの値段を払わなくても全然食べることが出来る。

開ける時はオシャレな外箱でワクワクしたんだけどそれだけかな。開ける時じゃなくて食べている時に幸せな気分にさせて欲しかった。

公式の通販サイトで購入出来る

今回紹介したバームクーヘン・ジャポンは、京都限定のお菓子と言われているが普通に公式の通販サイトからも購入出来る。

自分も実際に京都に足を運ぶことが出来ないからネットから取り寄せたからね。

ネット、FAXからの注文は24時間受け付けており、電話からの注文も日曜日、定休日を除く9時~18時の間であれば受け付けている。ただし、国内のみの発送で海外のへの発送は行っていない。

支払い方法の種類
代金引換 銀行振込 クレジットカード決済

京都 北山
マールブランシュの公式サイト

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(3.0)
外箱のデザイン
(5.0)
おすすめ度
(3.0)

今のところマールブランシュのお土産は6個食べたけど、この6個で傾向と見ていくと入れ物が立派なほど意外と大したことがなくて、入れ物が簡易的なものは結構美味しかったりする。

恐らく、自分が外見を見た時に期待しすぎてしまって、そのギャップからあまり美味しくないと思ってしまうんだろうね。

でも、それを差し引いたとしても、今回食べたバームクーヘン・ジャポンは大したことなかったと思います。普通に美味しかったけど、上手すぎる!!と唸らせてくれるものではなかった。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す