お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【沖縄のお土産】べにいもたるとのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

紅いもタルトと言っても、沖縄のお土産には同じような商品が沢山あるんですよね!

その中でも最も有名なのが元祖紅芋タルトだと思いますが、今回紹介するのは元祖紅芋タルトではなく、平仮名のべにいもたるとなので間違えないように注意してくださいね!紅芋のお土産はいくつか食べてきましたが、紅芋のタルトは初めてなのです。

紅芋とタルトの組み合わせがどのくらい合うものなのか、この目でしっかりと確かめていきたいと思います。

べにいもたるとについて

ここでは、べにいもたるとの賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値についてテーブルで詳しくまとめておきます。

名称  焼菓子
品名 べにいもたると
価格 ・¥378(3個入)
・¥648(6個入)
・¥1,080(10個入)
・¥1,458(16個入)
原材料名 紅芋ペースト(紅芋、砂糖)、小麦粉、餡(白生餡、砂糖、
紅芋ペースト、食塩)マーガリン、砂糖、鶏卵、麦芽糖
還元水飴、紅芋シロップ(砂糖、紅芋)、食塩/クロレラエキス
(一部に小麦、乳成分、卵、大豆を含む)
内容量 10個入 
賞味期限 約1か月(商品到着が11月13日で賞味期限が12月9日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 
販売者 株式会社ナンポー
沖縄県那覇市港町3-4-12
TEL:0120-677-902 
栄養成分表示
(100g当たり)
熱量 374kcal
たんぱく質 4.3g
脂質 16.5g
炭水化物 53.6g
食塩相当量 0.2g

べにいもたるとの開封と食べた感想

ここからは、べにいもたるとの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これが紅芋タルトの外箱。

中に入っている紅芋タルトが影響しているのかかなり重みを感じます!そして表面は高級感を感じさせるデザインになってますね。

中に入っている紅芋タルトの写真があるのも好印象!左下の沖縄県産100%紅芋使用という文字がこの商品の価値を高めてくれてますね。

北海道産のじゃがいも100%!とか書いてあるポテトチップスがあったら絶対買っちゃいますもん。

裏面には賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値が載っています。日本人以外の人が購入することも想定しているからか、英語表記版もありますね。痒い所に手が届くとはまさにこのことです!

沖縄は日本でも有数の観光地ですから、こういった配慮は外国人にとっては嬉しいと思います!もし、私が海外に行った時に商品の説明が英文だけじゃなくて日本語表記もあったら凄く助かりますからね。

OPENのシールを剥がして箱を開けていきます。このシールは端っこが浮いているので爪を使わなくても簡単にはがすことが出来ますよ!良い商品はこういう細かいところの配慮がちゃんと出来てるんですよね。

中を開けるとドッシリとした紅芋タルトが10個入っています!想像以上に大きくて存在感がある姿に驚いてしまいました…。

1つ袋を手に取ってみました。

これが袋の裏面です。

早速実際に食べてみましたよ!何というか文句なしの美味しさです!

紅芋の色合いが私はあまり好きじゃなかったんですが、見た目で決めるのは良くないことだとこの紅芋タルトが教えてくれました。

紅芋のほのかな甘さとタルトの組み合わせがめちゃくちゃ合う!食感はホクホクって感じですね。

常温で保管していたんですが冷やしてなくても全く問題なしの美味しさでしたよ!これ10個で1,080円はさすがに安すぎる。

2,000円でも購入する人は沢山いるんじゃないでしょうか。

美味しすぎるがゆえに沢山食べてしまう人が続出すると思いますが、ボリュームがかなりあるので食べすぎには注意してくださいね。

もう1枚色味を変えて写真を撮ってみました。こっちの方が色鮮やかで見た目も綺麗ですが、実際の色味は1つ前の写真の方が近いです。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したべにいもたるとは、Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場などの通販サイトで購入することが出来ますよ!

また、沖縄のお土産を専門に扱っているおきなわ屋 ONLINEからお取り寄せすることが可能です。1万円以上沖縄のお土産を購入する予定がある場合は、後者の方がおすすめですね♬

おきなわ屋 ONLINE

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(4.0)
甘さ
(1.0)
外箱のデザイン
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

タルトの上に紫色の物体が乗っているので、そういったものに縁がない私は本当にこれ食べても大丈夫かよ!とか失礼なことを思っていましたが、これは文句なしの美味しさですね。この見た目でこんな美味しいのね…。

見た目からは想像がつかない美味しさっていうのかな。明らかに紅芋の味が強調されているように見えるだけど実際は全然違うんですよね。紅芋の味はもちろんするんだけど、全然嫌味やしつこさがないんです!

チーズやクリームのような甘みはないけれど、それが逆に良い感じ!

甘さはほのかに感じる程度です。紅芋の味がほのかに感じられるタルトを食べているような。そんなにアクセントになる味がある訳じゃないのに、ここまで美味しいのは紅芋とタルトの組み合わせが合っているからなのかな?

食べていて凄く不思議な気持ちになりましたよ。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す