お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【新大阪駅のお土産】関西限定のぼんち揚のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

ぼんち揚は、普段お菓子をあまり食べない。という人でも一度は食べたことがあるんじゃないでしょうか?それくらい有名なお菓子の1つだと思います。

私は、私の母親がお菓子大好き人間なので、ぼんち揚は頻繁に食べる機会がありました。ぼんち揚自体は美味しくて好きなのですが、恐らく今回紹介するぼんち揚は、関西限定と言っても、特に目新しさのないお菓子になるんじゃないかな?と予想しています。

ぼんち揚について

ここでは、ぼんち揚の賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値についてテーブルで詳しくまとめておきます。

名称 揚げせんべい
品名 関西限定 ぼんち揚 
価格 ¥540
原材料名 うるち米(国内産、米国産)、植物油脂、しょうゆ(大豆、小麦を含む)
砂糖、かつおだし粉末、昆布だし、加工デンプン、調味料(アミノ酸等) 
内容量 30g×6袋
賞味期限 約4か月半(商品購入が12月22日で賞味期限が翌年の5月6日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 
販売者 ぼんち株式会社
〒532-0036 大阪市淀川区三津屋中2丁目15番41号
栄養成分表示
小袋(30g)あたり
エネルギー 163kcal
たんぱく質 1.4g
脂質 10.1g
炭水化物 16.6g
食塩相当量 276mg

ぼんち揚の開封と食べた感想

ここからは、ぼんち揚の開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがぼんち揚の外箱。関西限定ということで外箱もスペシャルな感じですね。大仏、五重塔…後はちょっと分かりませんが、兵庫の神戸、大阪、京都、奈良の土地のシンボル的存在が描かれているのが分かりますね。

側面には賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値が載っていました。

同じく側面に銀色のシールが貼ってあるのでこれを剥がして箱を開封していきます。

開封するとぼんち揚の袋が6個入っています。言い方が悪くなってしまいますが少し乱雑な感じですね。

袋の表面に描かれているデザインは外箱と全く同じものですね。

裏面には関西言葉のエトセトラが載っています。関西弁が全く分からないけど関西弁に憧れている。興味がある。という方はここを眺めているだけでも楽しめるはずです。

袋を開封してぼんち揚を取り出してみました。結構沢山入っているので手のひらに全て載せるのは無理でした…。

小粒サイズということで、小さな子供でも一口で食べれるサイズなので、ついつい食べすぎてしまいます。濃い味ではないのでポテトチップスのような中毒性はないのですが、それでも目の前にあったら全部食べたくなってしまいます。

うす口しょうゆのあっさり風味ということですが、しょうゆの味は全くと言っていいほど感じ取れません。本当に薄い味です。しょっぱさもほとんどなくアクセントになる味がないので、ただひらすら食べてお腹を膨らませるのに向いているお菓子だな。

と思いました。濃い味が好きな私としては少し物足りなさがありました。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した関西限定のぼんち揚は、楽天市場やYahoo!ショッピングで販売されていることが確認出来ました。関西限定と言いつつネットで販売されているのは悲しいですが、今の時代はどのお土産もこんな感じなのでしょうがないですね…。

楽天市場

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
しょっぱさ
(1.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

よくあるスーパーなどで販売されている普通のぼんち揚だなというのが正直な感想です。ぼんち揚独特のサクサクザクザクとした食感は健在。

小粒なので通常サイズのぼんち揚よりは食べやすさはありましたね。外箱には奈良の大仏など、関西のシンボルとも言えるものが沢山描かれているので、パッと手に取った時に関西のお土産だと実感出来るのは良いな。と思いました。

ただ、先ほども言ったようにぼんち揚自体に過度な期待は禁物です。ごく普通のお菓子なので…。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す