お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【羽田空港第1旅客ターミナルのお土産】ボンプレーベルの東京ロールショコラのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、羽田空港第1旅客ターミナル内にあるフライトショップで購入したボンプレベールの東京ショコラです。

正しくはボンプレベールになるかと思いますが、レシートにはボンプレベールと印字されていました。ベとヴェの違いですが地味に大きいと思います。早速紹介していきますね。

ボンプレーベルの東京ロールショコラについて

ここでは、ボンプレーベルの東京ロールショコラの賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値についてテーブルで詳しくまとめておきます。

名称 焼菓子
品名 ボンプレーベルの東京ロールショコラ
価格 ¥648
内容量 8本(チョコ4本、ミルク4本)
賞味期限 約4か月(商品購入が1月15日で賞味期限が5月15日) 
保存方法 直射日光を避けて常温で保存する 
販売者 株式会社ショウエイ+IS2
東京都足立区千住緑町1-19-20 3F 
原材料名
チョコクリーム 小麦粉、砂糖、ショートニング、卵、麦芽糖、ぶどう糖、脱脂粉乳
ココアパウダー、カカオマス、全粉乳、膨張剤、レシチン、香料
ショ糖脂肪酸エステル、乳化剤(大豆由来)、酸化防止剤(V.E)
ホワイトチョコクリーム 小麦粉、砂糖、ショートニング、卵、ぶどう糖、脱脂粉有、ココアパウダー
全粉乳、ココアバター、膨張剤、レシチン、香料、ショ糖脂肪酸エステル
乳化剤(大豆由来)、酸化防止剤(V.E)
栄養成分表示
100g当たり
エネルギー 516kcal
たんぱく質 25.2g
脂質 0.13g
炭水化物 5.7g
食塩相当量 66.6g

ボンプレーベルの東京ロールショコラの開封と食べた感想

ここからは、ボンプレーベルの東京ロールショコラの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがボンプレーベルの東京ロールショコラの外箱。深緑色のデザインで真ん中には金色の重厚感のあるロゴが刻まれています。子供を引き寄せない大人っぽさがありますね。

裏面には賞味期限や保存方法などが載っていました。ボンプレーベルの東京ロールショコラの賞味期限は約4か月ととても長いです。

箱の側面に金色のシールが2つ貼ってあるのでこれを剥がして開封していきます。

上の画像のように箱はスライド式になっていました。そのため、片方だけのシールだけではなく両方のシールを剥がす必要があるんですよね。

こちらが箱の中身です。緑っぽい袋と紫っぽい袋が4つずつ入っていました。

紫の方がホワイトチョコクリーム。緑の方がスイートチョコクリームですね。2種類の味が同じ数だけ同梱されているんです。

ということで、実際に食べてみましたよ。ちなみに焦げ茶色のクッキーの方がホワイトチョコクリーム。肌色の方がスイートチョコクリームなんですが、ぱっと見は逆なんじゃないの?と思ってしまうくらい紛らわしいですよね。

食感はサクサクではなく、カリカリザクザクとしており、味はココアとクリームでありきたりといった感じで高級感のあるお菓子ではありませんでしたね。

外箱からは高級感のある雰囲気がプンプン匂っていたのですが、フタを開けてみれば普通のお菓子だった。という訳です。

希少価値の高いお土産ですが、わざわざこのレベルのお菓子を羽田空港まで行って購入しようとは思えないですね…。残念な結果でした。

通販サイトで購入することが出来ない

今回紹介したボンプレーベルの東京ロールショコラは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの主要な通販サイトなどでは販売されておらず購入することが出来ません。現時点だと希少価値の高いお土産になりますね。

 

しかも、私が調べた限りだと販売元のオンラインショップも存在しないので、通販サイトで購入する方法が1つも存在しないですね。

 

羽田空港限定のお土産!という訳ではなさそうなので、羽田空港以外でも販売されていると思いますが、いずれにしても実店舗まで足を運ぶ必要があります。

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(2.0)
甘さ
(2.5)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(2.5)

見た目からサクサクっとした柔らかい食感をイメージする人が多いと思いますが、実際はその外見とは異なり、サクサクっというより、カリカリザクザクとしたしっかりとした歯ごたえのある食感を楽しむことが出来ます。

個人的にはサクサクっの方が好きなので、、この食感については非常に残念ですが、そういうコンセプトのお菓子なのでしょうがないですね…。

クッキー部分の厚みがあるため、中のクリームの味が少しばかり控えめに、主張の弱い味になっているのも残念でした。通販サイトでは購入することが困難なお土産ですが、それはこのお土産がそこまで人気がないからなのでは?と失礼ながら思ってしまいましたね。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す