お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【愛知(名古屋)のお土産】ダイナゴン小豆のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

これから紹介していくので詳細はまだ不明ですが、3個入で432円、1個当たり140円程度もするお菓子なので、かなり立派なものだと思われます。箱はとても小さいですが、量より質ということで期待していきたいと思います♬

ダイナゴン小豆について

ここでは、ダイナゴン小豆の賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称 菓子 
品名 ダイナゴン 小豆 
価格 ¥432 
原材料名 小豆餡(砂糖、小豆、還元水飴)、砂糖、小麦粉、卵
還元水飴、加工油脂、乳酸Na、甘味料(ソルビトール)、乳化剤
酸化防止剤(V.E)、(原材料の一部に乳、大豆を含む) 
内容量 3コ入 
賞味期限 約1か月(商品到着が12月9日で賞味期限が翌年の1月5日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 
販売者 株式会社ダイナゴン
名古屋市守山区八反8番38号
TEL:052-793-1613 

ダイナゴン小豆の開封と食べた感想

ここからは、ダイナゴン小豆の開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがダイナゴン小豆の外箱。煌びやかな金色のデザインですが、下品な感じではなくちょっとした高級感を感じさせてくれます。

たったの432円でこのデザインですから凄いですよね!

裏面には賞味期限や保存方法などが載っていました。

ダイナゴン小豆の賞味期限は約1か月。短いですが3個しか入っていないので、1週間あれば十分すぎるくらいです。

フタを開ける部分にはねるべく早くお召し上がりください。という注意書きがありました。とても親切です。

箱の中からダイナゴン小豆を取り出してみました。品質を保つためか透明の袋に入っていました!

上の画像では写真を撮るためにわざわざ手の上に乗っけていますが、べっとりとダイナゴン小豆の生地が手に付くので、手掴みではなくデザートフォークなどを使用して食べることをおすすめします!。

実際に食べてみてやはりというか、見た目通り甘さが強調されているカステラなんだな。と改めて実感しました。

普通のカステラの3倍くらい甘いですね。このくらいの甘さになってしまうと私は少し苦手ですね。

甘くて美味しい。というよりは、甘ったるさの方が目立ってきてしまっている気がします。ただ、この甘さも甘党の方なら普通だと感じるんでしょうけど。

普通のカステラの甘さでは全然物足りない!もっと甘いカステラが食べたい!という人におすすめです♬私と同じように甘すぎるものが苦手。という人は無理して購入する必要はないです…。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したダイナゴン小豆は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトや、名古屋のお土産を専門に扱っているおみやげパークなどからお取り寄せすることが可能です!

おみやげパーク

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(4.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

一言で言うとダイナゴン小豆は、小豆の味をしたカステラですね!とにかくカステラの生地の中に無数に小豆が入っているのが特徴です。

私はそこまで小豆が好きじゃないのであまり好感は持てませんでしたが、小豆が好き!という人は美味しく食べれるんじゃないかなと思いました。

生地はとてもしっとりしていてすこーしだけパサつきがある感じでした。

小豆効果でとても甘ったるい味になっているので、甘すぎるお菓子が苦手な人にはキツイんじゃないかなと思いましたね。

隣にお茶がないと1つ食べるのも厳しいくらいでした。とは言え、チョコレートのような濃い甘さではなく、どちらというと薄い甘さなのでそこが救いかなと。

私がおすすめするカステラは、もりもとで販売されているもりもと五三かすていらです。小豆味とかではなく、王道のカステラでしっとりさに関しては右に出るお土産はないでしょう。今まで食べた250以上のお菓子の中でもトップ5に入る圧倒的な美味しさでしたよ!

他のお土産が気になるあなたへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す