お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【横浜のお土産】フルーツクリスピーチョコ(ミルクチョコ&ホワイトチョコ)のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回の記事では、横浜近辺のお店で購入することが出来るフルーツクリスピーチョコ(ミルクチョコ&ホワイトチョコ)について詳しく紹介していこうと思う。中に入っているフルーツ1つ1つの味はとても薄い。

一気に食べてお腹を満たすのではなく、3口にも4口も分けてゆっくり楽しみながら食べていける人に向いているお土産だね。

フルーツクリスピーチョコ(ミルクチョコ&ホワイトチョコ)について

ここでは、フルーツクリスピーチョコのミルクチョコとホワイトチョコ味の賞味期限、保存方法、原材料名などの情報をまとめておく。残念ながらカロリーは不明。諦めてください。

名称 チョコレート菓子
商品名 フルーツクリスピーチョコ S
価格 ¥540
内容量 10個入
賞味期限 約4か月(私が購入したのは10月21日で賞味期限が翌年の2月28日)
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて涼しいところで保存する
販売者 有限会社 岡部商事 NY
神奈川県横浜市旭区上白根3-34-3
TEL:0120-35-9800
原材料名
ミルククリスピーチョコ コーングリッツ、果実加工品(レーズン、糖漬けドライクランベリー
糖漬けドライパパイヤ、糖漬けドライパインアップル)、砂糖、植物油脂
小麦粉、ココア、脱脂粉乳、カカオマス、水あめ、乳糖、鶏卵、マーガリン
バター、食塩、乳等を主要原料とする食品、還元水飴、食用油脂
モルトキス、卵白、加工澱粉、乳化剤、酸味料、膨張剤、プルラン、香料
増粘剤(加工澱粉)、漂白剤(亜流酸塩)、着色料(カロチン)
(原材料の一部に大豆を含む)
ホワイトクリスピーチョコ コーングリッツ、果実加工品(レーズン、糖漬けドライクランベリー
糖漬けドライパパイヤ、糖漬けドライパインアップル)
砂糖、植物油脂、乳糖、小麦粉、全粉乳、脱脂粉乳
水あめ、鶏卵、マーガリン、バター、食塩乳等を主要原料とする食品
ココアバター、還元水飴、食用油脂、モルトキス、卵白、加工澱粉
乳化剤、酸味料、膨張剤、プルラン、香料増粘剤(加工澱粉)
漂白剤(亜流酸塩)、着色料(カロチン)(原材料の一部に大豆を含む)

お土産の開封と食べた感想

ここからは、実際にお土産を開封していくところや食べていく様子を紹介していくよ。

これがフルーツクリスピーチョコの外箱。凄くオシャレでセンスがある。

この外箱のデザインを見ると海外のお菓子っぽい感じがするよね。洋菓子だからそういう風なことをイメージして作られたのかもしれない。

側面には賞味期限、保存方法などの記載がある。

岡部商事・・・どこかで聞いたことがあると思ったら、めちゃくちゃ美味しかったみなと横浜ベイブリッジクーヘンと同じところじゃん。

でも、岡部商事の後がFUじゃなくてNYになっているから作られている場所は違う?部門が違うのかな?

裏面には販売者の連絡先が記載されている。万が一商品に不都合があった場合はここに書いてある連絡先に電話すると代替品と交換してくれる。

側面にある透明の丸いシール貼られている場所から箱を開けていく。

賞味期限が記載されているところだね。このシールが凄く剥がしずらいから、無理せずカッターで切り込みを入れてから開けるようにした方が良さそうだった。

これ設計ミス?それとも分かっていてやってること?

箱を開けると表の絵が逆さになってしまうね。普通表の絵が逆さになることなんてないから、細かいところだけど気になってしまう。

外箱を開けるとFruit Crispy Chocoの文字が見えてくる。背景はチョコレートらしく茶色で統一されている。

さらにめくっていくとようやくフルーツクリスピーチョコが顔を見せてくれる。

フルーツクリスピーチョコには上の画像のようにホワイトチョコとミルクチョコの2種類の味が存在している。よーく見ると若干デザインが違うことに気付くと思う。

金色と白のデザインがホワイトチョコとミルクチョコでは逆になっている。それ以外は特に変わりはない。

どちらも取り出してみた。上の茶色の方がミルクチョコ。下の白色の方がホワイトチョコ。

実際にどちらも食べてみて、やはりミルクチョコの方が味がしっかりしていてミルクチョコを食べた後にホワイトチョコを食べるとミルクチョコの味が口に残っていてあまり味がしない。元々ホワイトチョコの方は味が弱いみたいだね。

ミルクチョコの方がも言うほどチョコチョコしている訳ではなく以外にあっさりした味をしている。

食感はザク!ザク!って感じ。中に入っているレーズンだかグランベリーだかは、ゆっくり食べていくと少し甘酸っぱい味が感じ取れる。正直パイナップルとパパイヤに関しては全く感じ取ることが出来なかった。

今どのフルーツを食べているのか分かるくらいには、各フルーツの味を残しておいて欲しかったね。

それから、食べている最中はどんなに丁寧に食べてもボロボロとこぼれていくから、テーブルを汚さないように注意して欲しい。

一部の通販サイトでも購入出来る

Amazon、Yahoo!ショッピング、JTBのWORLD SHOPPING PLAZAなどでフルーツクリスピーチョコを購入することは出来ないが、楽天市場なら購入出来るショップを2つほど確認することが出来た。

片方は1,000円近くするからぼったくりか?と思ったけど内容量が18個と私が購入したものとは倍近く違うから当然だね。

楽天市場

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(3.0)
外箱のデザイン
(4.0)
おすすめ度
(3.0)

うーん。何とも評価しにくい洋菓子だった。ホワイトチョコは味が薄すぎるし、ミルクチョコはホワイトチョコより味わい深いと言っても、それでも弱い感じ。

もう少しパンチを効かせても良かったように思える。まずくはないし普通に美味しいんだけど、中に入っているフルーツの味があまりしないのが残念だな。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す