お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【福岡(博多)のお土産】お菓子(和菓子と洋菓子)のおすすめランキングを紹介します。

今回福岡のお土産をランキング形式で紹介するために、私一人で福岡のお土産(和菓子と洋菓子のお菓子)をとにかく沢山食べてきました。

しっかり食べた上でランキング付けをしているので、実際に食べてもいないのに紹介しているまとめサイトより参考になるかと思います。

というより、実際に食べてもいないのに、見た目の印象を語ることなんて誰でも出来ちゃいますからね。全く意味がないです…。

福岡土産は、全国的に有名な和菓子通りもん以外にもめっちゃ美味しい!と思えたお菓子がいくつもありましたので、是非最後まで読み進めて欲しいです。

ランキングは低い順に並べてありますので、下にいくほどおすすめのお土産ということになります。間違えないように注意してくださいね。

博多玉露まんじゅう

想像とは違い、苦みはほとんどなく甘さが強調されたおまんじゅうです。玉露まんじゅうとのことですが、抹茶味とか他のお茶の味や風味と全く区別がつかないですね。

お口に合わず美味しく食べることは出来ませんでした。

SPICO

見た目は普通のチョコレートの焼菓子に見えますが、味や食感は外見からは予想できないほど特殊ものでした。

チョコレートの甘い味と唐辛子のピリピリとした辛い味が混ざり合って、とても微妙な味になってしまっていました。

加えて食感は、ジャリジャリとしていて総合的に見てもあまりおすすめ出来ないお土産だな。と思ってしまいました。

アイデアは面白いですがそれが美味しいかどうかは別の話ってことですね。

このお土産の詳細(実際に食べました)
【福岡のお土産】SPICOのカロリー、賞味期限と食べた感想

福岡八女茶のラングドシャ

お茶味のラングドシャの何が美味しいのか分からない。理解しようとしてはいますけど、頭の中が無意識に拒絶反応を起こしてしまってダメみたいでした。

顔に近づけるとお茶の風味がしっかりと感じ取れますし、味に関しても何となくお茶の味がする!と鈍感な私でも気付くことが出来ました。

クッキーの部分はサクサクというよりはパリパリザクザクといった感じで、しっとりさはありません。パサパサしているお菓子が好きだ。

って人がいるか分かりませんが、そういった方にはおすすめです。

シャン デ レザン

シャン デ レザンという名前はカッコいいんですけど、正直微妙と言わざるを得ないお土産でした。レーズン、洋酒、クリーム、、、色々なものを詰め込みすぎですね!

これだと食べていてお口の中が落ち着かなくなるというか、純粋に味を楽しむことが出来なくなっちゃうんですよね…。

他のお菓子と差別化するために頑張って詰め込んでくれたのかもしれませんが、もう少しシンプルな味で良かったです。

特徴的なお菓子なのは確かなのですが、もう一度食べたいと思えるものではありませんでした。私と同じようにレーズンやお酒が苦手な人にはおすすめ出来ません。

バナナチョコブラウニー

少し苦みのある大人っぽさを感じさせるお菓子でした。個人的にチョコとバナナの相性はあまり良くないと思いましたね。

むしろバナナがないシンプルなチョコブラウニーの方が美味しかったんじゃないか、と思ってしまったくらいです。

箱や袋はレトロでとてもオシャレなのですが味だけが本当に残念です。食感はしっとりしていて良かったです。

クランチショコラバーピオーネ

顔を近づけなくてもプンプンと漂ってくるブルーベリーの香りはとても良かったです!

が、本当にブルーベリー一色なお菓子なので食べれば食べるほどブルーベリーがお口の中に広がっていきます。

最初は美味しく食べていたのですが、段々とブルーベリーの味が不快に感じるようになってしまい、1つ食べ終わる頃にはもういいや。となってしまいました…。

食感と風味は最高なんですけどね。

栗ひよ子

美味しい美味しくないかで言われれば普通に美味しいです!

だけど問題はそこじゃないんです。

普通のひよ子の味とほとんど変わらないという点が問題です。せっかくの栗の味も全くと言って良いほど感じ取れないですし、これなら和三盆とか白餡とかどうでも良いから思いきって他の材料をほとんど使わない栗だけのお饅頭を作って欲しかったですね。

思わず、白餡と隠元豆を使ってる時点で似たような味になるのは分かりきってることでは?ツッコミをいれたくなりました…。

ブラック二〇加煎餅

見た目は真っ黒なのでいかにも苦い味がするんじゃないかと思っちゃうんですが、苦みは全くないですし塩気もありません…。

パリパリとした食感で味はほんのり甘い感じです。正直見た目のインパクトだけで内容が伴っていないな。と思ってしまったお土産でした。

不味いとかではないんですけどね。見た目と中身のギャップがありすぎます。

濃い茶おぐら鶴乃子

味も風味もお濃茶そのものです!ここまで見事に表現出来るのは素晴らしいですね。中に小倉粒餡が入っているのですが、これは量がとても少ないです。

中心部分までいかないと小倉粒餡にぶつからないので、最初は小倉粒餡が入っているものだということをすっかり忘れていました…。

鶴乃子

上の画像のように白色とピンク色の鶴乃子がありますが、どちらも味は同じです!。

表面はサラサラとしていますが、手に粉が付いたりはしないので安心して食べることが出来ました。

食感はましゅまろです。もうこれ以上説明のしようがないくらいです。中に入っている餡はとても特殊なもので、私には味が薄くてパッとしない餡だな。

としか思えませんでしたが、人よっては別のことを感じるかも。

このお土産の詳細(実際に食べました)
【福岡のお土産】鶴乃子のカロリー、賞味期限と食べた感想

ヴィンテージショコラ

しっとりさは最高に良いんですが、ショコラの甘さが強すぎて私には合いませんでした…。苦みはないんですけどね。

私と同じように甘いものがそこまで得意ではない。という方は、同じシリーズのアンジュフロマージュやアンジュキャラメルをおすすめします!

この2つは私でも本当に美味しく食べれました!特にアンジュフロマージュはまた食べたい!と思える圧倒的な美味しさです。

あまおういちごのクリームダックワーズ

あ、甘すぎる!!甘党の人のために作られたお土産な気がしますね。この甘さは私は受け付けませんでした…。

外側の生地に砂糖がふりかけてあって中には生クリームそしてあまおう苺。これだけ甘いものが集まったらそれはこんなに甘くなるよねって話です。

食感はサクサクではなくシャクシャクって感じで、まるでケーキを食べているかのような柔らかさでした。味はともかく食感は万人受けするかと。

博多苺きらら

見た目はラングドシャっぽいんですが、実際に食べて見るとラングドシャとは全く食感が違うことに気付きました。

クッキーはサクサクとしていますが、中に入っている甘酸っぱい苺のクリームの中に、粒々のお菓子のようなものが散りばめられているので、サクサクとした食感よりジャキジャキとした食感の方が印象に残りました。

決してまずいお菓子ではありませんし、美味しい部分もあります。が、このジャキジャキが全てを台無しにしているな。と思ってしまいました。

素直に苺のクリームをクッキーでサンドするだけで良かったんじゃないかと…。

バームスティック 博多あまおう苺

THE・微妙なお菓子でした。バームという名前だったのでバウムクーヘンがスティックになったようなものを勝手に想像していましたが、それとは全く違い、食感はカリカリゴリゴリと歯ごたえのあるものでした。

それはまだ良いのですが、袋を開けた時に砂糖が大量に落ちてくる仕様は何とかして欲しいですね。これではあまり袋に入っている意味がない気がするので…。

酷評してしまいましたが、1つだけ良かったところがあります。それは、あまおうの苺の味がしっかり感じれることです。

はかたもん

結論から先に言ってしまうと味から食感まで全てにおいて微妙と感じてしまったお土産でした。

食感はしっとりさとパサパサ感が半々ずつだったので、丁寧に食べないとボロボロとお菓子の欠片が落ちてきますし、いちじくのぷちぷちとした食感はあまり感じ取れないですし、何かを突き詰めている感じはなく、言い方は悪いですが中途半端という感じがしました。

小さなショコラもち

モチモチとした食感はとても良かったです!八ッ橋よりもっとモチモチしているかも!本物のお餅みたいな感じ!で!問題は甘さと苦さですね。

私は甘すぎるものも苦みのあるものもあまり好きじゃないので、この2つが感じ取れてしまった小さなショコラもちは、もう一度食べたいとは思えなかったです。

苦みを消して甘さを控えめにしてくれてたら嬉しかったですね…。甘さ控えめバージョンがあれば食べてみたいです。

博多あまおうぷるるん

正直まぐろみたいなフォルムで全然食欲がそそられませんでした。味は問題なく美味しいのですが見た目で魅力が半減してますよね…。

それとぷるるんという感じは私から全く見受けられませんでした。ぷるるんよりモチモチの方が近いと思います。ゆらゆら揺らしても全然ぷるぷるしませんでしたよ。

プリンみたいのを想像していただけに残念です。

ひよ子の恋

しっとりとした蜂蜜味の餡が特徴的なお饅頭ですが、蜂蜜をお饅頭にしてしまうとここまで合わないものなのかと思ってしまったお土産でした。

黄色を基調とした包装紙やお饅頭が入っている袋は可愛らしかったのですがそれだけですね…。肝心のお饅頭はひよことは全く関係ありませんし、正直微妙に感じてしまいました。もっとひよこ感を出して欲しかった。

如水庵の博多とっとーと。

一言で言うとさつまいもの味が甘すぎる!!ですね。甘すぎるものが苦手な私としてはこれの甘さ控えめバージョンが食べたかったです。

食感や見た目はとても完成度が高いだけにとても残念です。

博多きゃらまん

見た目が通りもんにそっくりなので、どうしても通りもんと比較をしてしまいますね。

味はミルクとキャラメルで全然違うのですが、それを加味しても通りもんに軍配が上がります。それとやはりキャラメル味のお饅頭は、博多きゃらまんを含めて少し甘さがくどくなってしまっているものが多いですね。

二つ三つと違和感なく続けて食べられるものではありませんでした。

小ぶり紅鶴乃子

中にあまおう苺の餡が入っているましゅまろを食べている感覚です。小ぶりではない方の鶴乃子よりは印象に残りますし美味しいですが、やはりまだパンチが足りないですね。ましゅまろのような生地にしている以上、この辺りが限界なのかもしれませんね。

博多ぽてと

甘い焼きいものスイーツです。焼きいもは塩なんてかけないで甘いまま食べるぜ!

って人は美味しく食べれるんじゃないかなと思います。逆に焼きいもは塩がないと食べれないんだけど。って人にはあまりおすすめ出来ません。

冷やして食べたのでしっとりはしていましたが、冷やさなかったらかなりパサパサしているんだろうな。と思いました。

私的には可もなく不可もなくって感じですね…。博多と名前に付いているので福岡(博多)土産だとすぐに気付いてもらえる利点はありますが…。

博多の女(バナナミルク味)

やはり想像通りバナナミルク味という部分がネックですね。食感に関しては完璧すぎるくらいなので後はバナナミルクという変わった味ではなく、カスタードクリームとかチョコレートとか色々な味を出せば良いと思います。既にあまおう苺の味はあるのでまたの機会に食べてみたいと思います!

博多明太えびせんべい

意外にも明太子と海老の組み合わせはバッチリでした。

食感はサクサクっというよりは、ザクザク、カリカリ、ガリガリといった感じで一般的なおせんべい以上に食べ応えがありました。

甘さがほとんどなく、辛さがほんの少しだけあるかな?って感じです。全体的にバランスは取れているのですが、インパクトに欠けるのが残念なところ。

このお土産の詳細(実際に食べました)
博多明太えびせんべいのカロリー、賞味期限と食べた感想

まんまる林檎パイ

とっても可愛らしい赤色の箱に入っていました。

食べるまではとっても美味しいんだろうな。とドキドキした気持ちでいたのですが、実際に食べてみると想像していたより結構普通です…。

パイ生地の中にはギッシリりんごの粒々が詰まっていて美味しそうに見えるのですが、流石にりんごの甘さが主張されすぎていて途中から飽きてしまいました。

外側のパイ生地は文句なしでした。

博多銘菓ひよ子

個人的には、これと同じ系統で甘さ控えめの博多土産のポルトスか奈良めぐりの方が好みでしたね。

甘さが強調されていた方が好きな人は私は逆でひよ子の方が美味しく食べれると思います!見た目は可愛らしいですし、置物として欲しいくらいなんですけどこれを食べるのはなかなか勇気が要りました。可愛いものに目がない人は覚悟して食べてください…。

博多まろん

中に入っている栗の餡の甘さが絶妙でとても美味しかったです。

正直私は栗がそこまで好きじゃないんですが、それでも美味しく食べれたことを考えると凄いと思います!外側の生地は見た目ほどカリカリはしていません。

っというよりカリカリ感はほとんど感じられませんでした。

一口で食べるのには難しいサイズですが、手軽に食べれるサイズであることには変わりありません。栗好きじゃない人にもおすすめです!

博多ポテジェンヌ

全体的にとてもしっとりした食感が特徴的なフィナンシェのお菓子です。サクサク、カリカリなどしっかりとした食感はありませんでした。

程よい甘さなので、甘すぎるものが苦手な私でも美味しく食べることが出来ましたよ!

直接手で触れるととてもベタベタするので、一気に食べてしまうか袋に入れながら少しずつ食べていくことをおすすめします!

栗饅頭

この栗饅頭は二鶴堂で販売されているものです。中に入っている栗がめちゃデカいです。一口では食べきれないほど大きなサイズです!

全体的に程よく甘い味でまとまっていてとてもバランスが良かったです。

栗の良さが分かる人ならもっと美味しく食べれたのかもしれないですが、普段栗を食べない私にはただただ普通に美味しいとしか思えませんでした。

このお土産の詳細(実際に食べました)
【福岡のお土産】栗饅頭のカロリー、賞味期限と食べた感想

博多美月スイートポテトのしっとりフィナンシェ

美味しかったです!スイートポテト独特の甘さが際立っていましたしホクホクしっとりとした優しい食感が心地よかったです!

ただ、あまおう苺の味とく食べてしまうとすこーし微妙だなと思ってしまうのが正直な感想です。

ひよ子サブレー

ひよこの形をしたサブレーです!鎌倉のお土産で有名な鳩サブレをひよこの形にしたようなもんですね。

味、食感、見た目…全てに置いてそっくりです!ザクザクっとした食感とほんのりとした甘さが癖になりますね。子供の頃食べた時の衝撃は忘れません。

おいしくてごめ~んたいせんぺい

一口食べた瞬間柚子と唐辛子の味がお口の中に広がっていくとても味の濃いお菓子です。

お菓子自体はとても薄っぺらいのですが、これだけ味が濃いのでこれ以上サイズを大きくしてしまったらくどくなってしまうと思います。この薄さにしたのは正解ですね!

ヴィンテージアンジュ

アンジュフロマージュ120点!アンジュキャラメル85点!アンジュショコラ20点!真面目にこんな感じでした。

アンジュフロマージュは味も風味も癖がありすぎて好きになれません。チーズケーキ好きの人はアンジュフロマージュは絶対好きになれます!

アンジュキャラメルはキャラメルの味を強調しすぎていないのが上手くいった感じ。

このお土産の詳細(実際に食べました)
ヴィンテージアンジュのカロリー、賞味期限と食べた感想

丸ボーロ

とにかく食感が良いですね!中はカリカリ。中はしっとりではなくどちらかというとパサパサとしているのですが、これが問題なく美味しいのです。

初めての食感なので本当に不思議な気持ちになりました。

最初は湿気たパンみたいな感じがしましたが、食べている内に違和感がなくなりとても美味しく感じるようになりました。なので、このお土産に関しては、最初微妙に感じても諦めずに食べてみることが大切です。

勝つめんべい

かたいおせんべいということで食べづらくないかかなり警戒していたのですが、そんな心配は意味がなかったようです。

一般的なおせんべいを食べているなら違和感なく食べれるくらいには普通のかたさでした。見た目や名前からはあまり想像がつかないですが、食べれば食べるほどピリピリとした辛さがアクセントになってきてとても美味しかったです!

極端な辛さではないので本当に食べやすいですよ。

筑紫もち

若干黄な粉の量が多いかな?と思いましたが、甘いタレのようなものをかけたら、黄な粉の苦みみたいなものは全く気にならなくなり、なおかつ黄な粉の味も程よく感じ取れて美味しく食べることが出来ました。

甘さをある程度こちら側で調整出来るのは嬉しいですね!今のままでも十分満足ですが、黄な粉も自由に調整出来るようになったら嬉しいですね。

博多まっかな苺のラングドシャ

クッキーの部分はパサパサとしていてあまり好きじゃなかったのですが、中の苺味のチョコレート?はとっても美味しかったです。

これがあまおうの苺効果ですかね。冷蔵保存している訳じゃないのに苺がひんやりとした舌触りだったのは不思議です。

これでクッキーの部分がしっとりしていたら完璧だったんですけどね…惜しいです。

博多ぶらぶら

極端に甘いものは苦手。だけど甘いものが食べたい!という人におすすめのお土産です。見た目の印象と実際に味は全くの真逆であっさりとした甘さでとても食べやすかったです。

甘さ控えめと言っても、あんこの味はしっかり感じ取れますしモチモチ感も最低限あります。ただ、本物のお餅を求めている人はモチモチ感に物足りなさを感じると思います。

私は、本物のお餅より気軽に食べれるな。とポジティブに捉えていました。また機会があれば食べたいですね。

博多じまん

とても美味しいんですが、ヤマザキパンの薄皮つぶあんパンのつぶ餡と何が違うのかさっぱり分からないくらい普通のつぶ餡味でした。

皮の部分は恐らく通りもんと同じ。外見も通りもんにそっくりなのですが、ここまで美味しさに差がつくものなのですね…。インパクトがないなって感じです。

カスタード饅頭ポルトス

奈良土産の奈良めぐりもそうですが、生餡と白いんげんを組み合わせたお饅頭にハズレはない気がします!

この2つが組み合わさると、くどくないあっさりとした甘さで、美味しい安定感のあるお饅頭になるんですよね!

ただ、中の餡が多少パサパサしているため喉が渇きやすいです。お口の中を落ち着かない状態にしないためにも、ポルトスを食べる前に必ずお茶を用意しておきましょう。

クリームチーズタルト

外箱のオシャレなデザインを見た時から絶対に美味しいだろう。

と勝手に思っていました。一言で言うとチーズケーキです。チーズケーキの美味しさが上手く引き出されていました。

極端に甘さが強調されていることもないので、甘すぎるものが苦手な私でも飲み物なしで続けて3つ食べることが出来ましたよ!

チーズケーキが大好きな人は一度食べて見て欲しいです。凄く美味しいんですけど、美味しさを表現するのが難しいお土産でした…。

博多サクサクッうまかパイ

見た目以上に美味しかったです!パイの部分がとても分厚いのでサクサクさが尋常じゃないくらい感じられます。本当にこれが快感でした。

そして、中に入っているあまおう苺も文句なしの美味しさ!で、この2つの組み合わせが最高に良かったです。

正直食べるまではあまり期待していなかったので、良い意味で期待を裏切ってくれたお土産でしたね!

博多あまおう苺一笑

文句なしの美味しさです!食感や見た目はお月さま伝説と同じですがこちらはカスタードクリームではなく苺のクリームが中に入っています。

カスタードも苺も捨てがたいですが、私的にはほんのちょびっとだけカスタードの方が美味しく感じました。完全に好みの範囲ですね。

苺の味はまろやかな包み込まれるような甘さで甘酸っぱさは全くありませんでした。

3位 博多美月あまおう苺のしっとりフィナンシェ

見た目の可愛らしさ、味、食感、風味。全てにおいて文句の付け所がないですね!名前にしっとりと付けるだけあってしっとりさで言えば全お土産の中で最上位クラスです!

名前に胡坐をかいたような商品が多い中、これだけ商品名と実際の商品を一致させてくるのは素晴らしいの一言です。甘すぎるものが苦手な私でもこの味の虜になりましたね。

このお土産の詳細(実際に食べました)
博多美月あまおう苺のしっとりフィナンシェを食べた感想

2位 お月さま伝説

とにかく美味しすぎる!!外側の生地はふわふわとしていてなおかつしっとりとした食感を兼ね備えていました。中には思わずほっぺがきゅってなる美味しいカスタードクリームがたっぷりと入っていて幸せな気分になれました。

名前からある程度美味しいだろうな。とは想像していましたが、まさかここまでハイレベルなケーキだとは思いませんでしたよ。

1位 博多通りもん

まさしく通りもんこそが和菓子の究極系ですね!

しっとりとした食感、まろやかで包み込まれるような絶妙なミルクの甘さ。言い過ぎではなく一度食べたら忘れない味です。味だけではなくとろけるような甘い風味も魅力的ですね。

また食べたいですし、これから死ぬまでに一度も食べる機会がなかったら、死ぬ直前にもう一度食べたいと思えるほどのお土産です。

少なくとも私の周りで通りもんを美味しくないと言っている人は一人もいません。それだけ多くの人に認められている味ということです。

最後に

福岡と言えば博多のイメージが強く福岡土産と言ったら名前に博多の付くものが多かったです!1位はやはり通りもんになってしまいました。

これと同等だと思えたお土産は、他県を含めても両手で収まるくらいです…。通りもんを除いたら、お月さま伝説と博多あまおう苺一笑ですね。

この2つは味が違うだけで見た目や食感は全く同じものです。これだけ同じなのに販売元が違うのは驚きでした。

今回紹介したお土産以外にも、新しく福岡(博多)のお土産を食べたらどんどん追加していこうと思っています!引き続きよろしくお願いします♬

他のお土産が気になるあなたへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す