お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【福岡のお土産】博多あまおうぷるるんのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

また凄い名前を付けてきましたね。

コレだけ強調しているのですから、ぷるるんとした食感を楽しめる和菓子であることは間違いなさそうです。あまおう苺系のお土産はハズレが少ないので今回紹介する博多あまおうぷるるんにも期待出来そうです!

博多あまおうぷるるんについて

ここでは、博多あまおうぷるるんの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称  和菓子
品名 博多あまおうぷるるん 
価格 ・¥648(6個)
・¥1,080(12個)
原材料名 水飴、還元水飴、白豆(いんげん豆)、砂糖、加糖れん乳、マーガリン
いちごピューレ(あまおう)、くず粉、わらび粉、加工デンプン、トレハロース
ゲル化剤(増粘多糖類)、着色料、(ラック、カロチン)
香料、(原材料の一部に大豆を含む)
内容量 6~12個 
賞味期限 約1か月半(商品到着が11月28日で賞味期限が翌年の1月15日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 
販売者   株式会社博多風美庵 TSKKU 
福岡県福岡市南区日佐3丁目14-15
TEL:0120-969-323

博多あまおうぷるるんの開封と食べた感想

ここからは、博多あまおうぷるるんの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これが博多あまおうぷるるんの外箱。

包装紙で覆われている状態です。苺のデザインが印象的です。肝心のお土産の写真が載っていないのは気になりますね…。

裏面には賞味期限や保存方法などが載っています。博多あまおうぷるるんの賞味期限は約1か月半。

長くもなく短くもなく。ただこれだけの期間があれば12個入りでも一人で無理なく食べていくことが出来そうです。

上の画像のように側面からビリビリと包装紙を剥がしていきます。開封後はお早めにお召し上がりください。とのこと。

包装紙を剥がして中の箱を取り出してみました。

箱を開けると博多あまおうぷるるんの詳細が記載されている紙が同梱されています。

これが箱の中身です。今回は6個入りのものを購入しました!

博多あまおうぷるるんにもきな粉が入っています。きな粉の量半端なさすぎますね。こんな使う人は果たしているのだろうか。

透明の袋から取り出して苺のデザインが描かれている紙に包まれている博多あまおうぷるるんを手に取ってみました。

紙を開くとこんな感じ。まるでまぐろみたいですね。

まず、練乳入りとのことですが、さほど練乳の甘い味は感じられません。本当に最低限って感じです。

また、ぷるるんという商品名ですがぷるるんとした感じもありません。ゆらゆら揺らしてもぷるぷると震えることはありませんからね。

ぷるるんに関しては結構期待していただけに残念です。

ちょっとしたお餅を食べているような感覚であまおう苺の味もしっかり感じ取れますし美味しく食べることは出来ましたが、正直インパクトに欠けますね。

平行線がずっと続いているような味なので食べていて驚きが全くなく、美味しさで感激することもないです。

あまおう苺を使ったお土産なら、博多美月あまおう苺のしっとりフィナンシェや博多あまおう苺一笑の方がおすすめですね!

 

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した博多あまおうぷるるんは、福岡のお土産を専門に扱っている福岡空港オンラインショップや販売元である風美庵のオンラインショップなどからお取り寄せすることが可能です!

福岡空港オンラインショップ

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(3.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(2.0)

美味しい!美味しいんだけど、きな粉は要らないような…。もうあまおうだけで全てが完成されている感じがするんですよね!

きな粉はあってもなくても、むしろない方があまおう苺の味がしっかり感じ取れて良いんじゃないかとまで思いました。

シンプルイズベストという言葉はこのお土産のためにあるものなんだなと。

後、ぷるるんという名前の割にはそこまでぷるるんとはしてなかったです。柔らかいことには柔らかいんですが、どちらかというとモチモチですね。

ぷるるんと言ったらプリンくらいぷるるんとしてないとダメかなと。

他のお土産が気になるあなたへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す