お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【福岡のお土産】博多銘菓ひよ子のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

ひよ子は、珍しい五角形の形をしている外箱が印象的なお土産です。正方形や長方形の箱ではなく五角形になっているだけで、このお土産は他のものと何か違うんじゃないか?と思いたくなりますね。

ひよ子について

ここでは、ひよ子の賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称 菓子 
品名 ひよ子 
価格 ¥604
原材料名  白餡(隠元豆)、砂糖、小麦粉、卵、麦芽糖
内容量  5個
賞味期限 約2週間(商品到着が11月28日で賞味期限が12月11日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて涼しい場所で保存する 
販売者 株式会社 ひよ子 H
福岡市南区向野一丁目16番13号
TEL:092-541-8211 

ひよ子の開封と食べた感想

ここからは、ひよ子の開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがひよ子の外箱。

冒頭でもお話した通り五角形の箱ですね。大きなひよこと小さなひよこが2匹描かれています。まるで大きなひよこが親鳥みたいな感じです!

裏面には賞味期限や保存方法が載っていました。

側面に貼ってあるOPENのシールを剥がすと箱を開けることが出来ます。シールは2か所あり、賞味期限や保存方法が記載されている紙のシールは剥がす必要がありませんでした。

箱を開けるとひよ子の詳細が記載されている紙が同梱されています。

箱の中に入っているひよ子がオシャレな配置の仕方ですよね!普通に綺麗に並べるだけではつまらないと思ったのでしょうかね。

私はこういうの好きですよ!

1つ手に取ってみました。三角形に近い形をしています。

袋の中には囚われのひよ子が。

寂し気に上を眺めている感じがいたたまれないです。これを食べろって言うんですから作った人も酷なことをしますよね。

流石に顔から食べるのは心が痛むので体の方から私は食べました。見た目以上に甘さが強いお饅頭で中に入っている餡が少々パサついているので、とても喉が渇きます。隣にお茶を用意して食べるようにして欲しいです。

お口の中がすっきりしていて、心に余裕がある時に食べるとより美味しく感じれそうですね!普通に美味しく食べれました。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したひよ子は、福岡のお土産を専門に扱っている福岡空港オンラインショップからお取り寄せするすることが可能です!ひよ子と名前の付いたお土産が他にもいくつかあるので間違えないように注意してくださいね!

福岡空港オンラインショップ

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(2.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

奈良土産の奈良めぐりや博多土産のポルトスと同じようなお菓子ですね。

白餡と隠元豆が使われているので、食べる前から察してはいましたがやはりそうでしたか!。ただ、奈良めぐりやポルトスより甘さは強いです!

1つ食べればもう十分なくらいで続けて2つ3つと食べることは出来ないです…。もちろん甘党の人だったらこの程度の甘さは全然平気だと思いますが、甘すぎるものが苦手な人にはギリギリなラインかと。

見た目がひよこの形をしていて目や鼻まで付いているので食べるのが可哀そうになってきます…。特に顔のあたりを食べる時なんて心が痛みますよ。もう少し可愛くないひよこにして欲しかったです。

それと地味ですが手を汚さないで食べれるのは嬉しかったです!

 

 

他のお土産が気になるあなたへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す