お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【福岡のお土産】博多じまんのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介する博多じまんは、博多のお土産でめっちゃくちゃ有名な通りもんと同じ明月堂が販売しています。200以上のお土産を食べてきましたが、その中でも通りもんはトップ5に入る美味しさでした。

それと同じところが作っているんだから嫌でも期待しちゃいますよね。

博多じまんについて

ここでは、博多じまんの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称  菓子
品名 博多じまん 
価格 ・¥560(5個袋入り)
・¥730(6個入り)
・¥980(8個入り)
・¥1,480(12個入り)
・¥1,960(16個入り)
原材料名 かのこ豆(砂糖、でぼう豆)、砂糖、小麦粉、小豆、水飴、卵
バター、ショートニング、生クリーム、蜂蜜、トレハロース
ソルビトール、膨張剤 
内容量 5~16個 
賞味期限 約1ヶ月半(商品到着が11月28日で賞味期限が1月7日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 
販売者 株式会社明月堂
福岡県福岡市博多区東那珂2丁目11番23号
TEL:092-411-7777

博多じまんの開封と食べた感想

ここからは、博多じまんの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これが博多じまんの外箱。

包装紙で覆われている状態です。あずき色を基調としたデザインでどことなく古風な雰囲気を漂わせていますね!私は結構好きなデザインです。

裏面には賞味期限や保存方法などが載っています。博多じまんの賞味期限は約1か月半。通りもんと同程度の長さですね。よほど個数の多いものを購入しない限りは困ることはないと思います。

上の画像のように側面から包装紙をビリビリと剥がしていきます。包装紙はとても剥がしやすいように工夫がなされていました。布テープを剥がす時と同じような感覚でしたね。

包装紙を剥がして中の箱を取り出してみました。

箱を開けると中にはあずき色の髪が同梱されています。

これが中身です!もう本当に通りもんと似てますよね。袋のデザインから箱の作りまで見間違えるくらいに同じです。

1つだけ袋を手に取ってみました。裏面には賞味期限や保存方法などが載っています。

博多じまんを袋から取り出して手に取ってみました。

少しだけつぶ餡が飛び出ているので通りもんと見間違えることはなさそうです。風味も全く違ってミルクのような感じは全くなく、つぶ餡の香りがしてきますからね。ただ外側の皮は本当にそっくりです。

ということで実際に食べてみました。つぶ餡ということで粒々としたあんこが沢山入っていました。甘さは控えめでもなく強くもなくごく普通な感じ。

食べているとどことなく通りもんの味がお口の中に広がっていくのが分かりました。恐らく使用している材料が似ているのでしょう。

うーん…美味しいことには美味しいんですが、本当に普通のつぶ餡のお饅頭で特別な部分は1つもありませんね。

言うならば、ヤマザキパンの薄皮つぶあんパンと同じような感じです。皮は薄皮でないので違いますが、つぶ餡の味は似たようなものですね。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した博多じまんは、AmazonやYahoo!ショッピングでは販売されていませんが、福岡のお土産を専門に扱っている福岡空港オンラインショップ、販売元である明月堂などからお取り寄せすることが可能です!

福岡空港オンラインショップ

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(3.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

見た目からして何となく察してはいましたが、通りもんのつぶ餡バージョンですね。恐らく外側の皮も全く一緒ですし、味から風味までどことなく通りもんを感じさせるものでした。

つぶ餡なのでミルクの味はしないんですけど、通りもんの味はする!って感じですね。甘さ加減もよく似ていました。

美味しい!美味しいですけど、味が変わるだけでここまで衝撃がなくなるものなのかと不思議な気持ちになりました。お口の中がとろけるような包み込まれるような甘さはこのつぶ餡にはありませんね。

これなら通りもんでいいや!となってしまいます。先に博多じまんを食べていればもっと美味しく感じれたかもしれません。

他のお土産が気になるあなたへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す