お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【広島のお土産】はこにわ最中のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

はこにわ最中は、第十八回全国菓子博名誉金賞、第十九回全国菓子博技術優秀賞、竹原市長賞…と数多くの実績を持っているお土産です。

と言われても、私もなんのこっちゃって感じでとにかく凄いんだなー。くらいしか分からんのですけどね。

ただ、数多くの人に認められているお土産だということは確かだと思います!

はこにわ最中について

ここでは、はこにわ最中の賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称 生菓子? 
品名 はこにわ最中 
価格 ・¥130(バラ売り)
・¥540(4個入)
・¥1,080(8個入)
・¥1,620(12個入)
・¥2,035(15個入)
・¥2,430(18個入)
・¥2,700(20個入)
・¥4,020(30個入)
原材料名  砂糖、小豆、水飴、寒天、もち米
内容量  8個
賞味期限 約2か月(11月3日商品到着で賞味期限が12月29日) 
保存方法 記載なし(恐らく、直射日光、高温多湿を避けて保存) 
販売者 いしかわ菓子舗㈹ 市川重雄
広島県竹原市吉名町毛木5254-312
TEL:0846-22-0894

はこにわ最中の開封と食べた感想

ここからは、はこにわ最中の開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがはこにわ最中の外箱。包装紙で覆ってある状態です。

さすがに写真からは伝わないと思いますが、かなり重みを感じます。本当に中に入っているのは最中なのかと思うくらい。

他の最中をいくつか食べたことがあるので分かります。

たったの8個で普通ここまでの重みは感じません!どんだけあんの量が多いか中身を見る前から分かってしまうほど印象的でした。

裏面には賞味期限や原材料名などが載っています。

珍しく保存方法は載っていませんでしたが、冷やす必要はなく普通の最中と同じく常温保存で問題ないでしょう。

包装紙を取ると包装紙に描かれていたデザインが小さくなったシールが貼ってありますね。

箱を開けてみました。なんだ。普通の最中じゃん。でも何でこんなに重いんだろう?と疑問が募るばかりでした。

何やら難しいことが記載されている紙が同梱されていました。

はこにわ最中はビニール袋の中に入っているので、まずはこのビニール袋を右上の切りこみから開けていきます。

うん。実際に手に取ってみるとやっぱり重い!!

裏面には販売元の連絡先が載っています。

袋から出してはこにわ最中を手に取ってみました。表面に箱庭という文字が刻印されているのが分かりますね。

ということで実際に食べてみました。分かりますか?この異常なまでのあんの量。リアルで見なくても写真からでも十分伝わると思います。

今にも溢れ出してきそうな迫力がありますよね!

あんの味は特別凄い美味しい!とまではいきませんでしたが、普通に美味しく何よりちょうどこれを食べる前にお腹が空腹の限界に近づいていたので、このはこにわ最中を食べただけで3割くらいは復活しました。

大袈裟でなくそれくらいお腹を満たすことが出来ます!なので、常人ならこの最中を立て続けに3個も4個も食べるのはキツイと思います。1個130円なのでコストパフォーマンスもなかなか良いと思います。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したはこにわ最中は、広島県まで足を運ばなくても、広島のお土産を専門に扱っているひろしま夢プラザという通販サイトで購入可能です。

マイナーなのかそれとも敢えてそうしているのか分かりませんが、Amazonや楽天市場など主要な通販サイトでは販売されていませんでしたよ。

ひろしま夢ぷらざ

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(3.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(4.0)

とにかく中に入っているあんの量が半端じゃないです!冗談じゃなくて凄い量なのです。お饅頭、人形焼…あんが入っているお土産は沢山食べてきましたが、ここまでぎっしりたっぷり詰めっているお土産は初めてですね!

決して外側の生地が薄すぎるとかではなく、しっかりとした最中でありながらこの重厚感は良い意味で恐ろしさを感じます。

あんの味は特別凄い美味しいとかではないので評価は低めにしていますが、好印象だったのでおすすめ度は★4にしています。お腹が空いた時にはこにわ最中が1つあれば安心だなって感じがしました。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す