お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【羽田空港第1旅客ターミナルのお土産】お菓子(洋菓子と和菓子)のおすすめランキングを紹介します。

今回は羽田空港第一旅客ターミナルで購入したお土産をランキング形式で紹介していきます!購入した場所はフライトショップと東京食賓館ですね。

東京食賓館は手間のかかるお土産ばかりだったので、より多くのお土産を紹介するためにほとんどはフライトショップで購入することになりました。

羽田空港に行く前にどんなお土産が販売されているか確認しておきたい。羽田空港でどんなお土産が販売されているのか知りたい。という人は是非参考にされてください。

※ランキングは(1、2、3、4、5)ではなく(5、4、3、2、1)。

TERAOKA オリーブサンド

中も外側の生地も甘みが効いているので甘党の方におすすめしたいお菓子です。一言で言うとレーズンサンドですがレーズンの嫌な味はあまりないのでレーズン嫌いの私でもあまり違和感を感じずに食べることが出来ました。でもJAL国内線ファーストクラスのお土産と言われたらちょっと物足りない感がありますね…。

このお土産の詳細(実際に食べました)
TERAOKA オリーブサンドのカロリー、賞味期限と食べた感想

ボンプレーベルの東京ロールショコラ

外箱がとても高級感のあるデザインをしているので、中身にも凄く期待していましたが、とても残念な結果になってしまいました。

ありきたりな味で正直高級感のあるお菓子ではなく、安っぽささえ感じさせるお菓子でした。外箱のデザインだけでなく中身も頑張って欲しいな。と思ったお土産でしたね。

東京アーモンドショコラサンド

中に入ってるアーモンドはシャキシャキジャリジャリとしていてとても特徴的な食感ですが、正直なところ味は微妙ですしそもそも食べづらいですし、微妙と言わざるを得ないです。食感はそのままでいいので味と食べやすさをもっと洗礼させて欲しかったです。4か月とここまで日持ちするお土産は数少ないので今のままでは勿体ないですね…。

帝国ホテルのスティックチョコレート

外箱や包み紙は他にはないくらい高級感があり立派なものでしたが、肝心のチョコレートの味は安価なチョコレート変わらないくらいありふれたものでしたね。ほろ苦さがと甘さがあり、落ち着きのある大人に人気のありそうな味でした。

ただし、ほろ苦いといってもそこまで苦みは強くないので小さな子供でも美味しく食べれると思います。

東京ばな奈ゴーフレット「見ぃつけたっ」

プレーンバナナもチョコバナナ味も正直微妙です…。だからといって全部が微妙なお菓子ではなく周りの生地の部分はカリカリっとしていてとても美味しい、、というよりは楽しめました。この食感がなかったら良いところなしでした。チョコバナナ味はもう少しチョコの味を強調させるべきだと思います。

たわわ

JAL国内線のファーストクラスで採用されているお土産です。

あのファーストクラスで採用されているお土産ならさぞかし凄いものなんだろう。と期待して食べてみましたが、残念な結果に終わってしまいました。

中に入っているりんごはとても美味しいのですが、外側の生地がパサパサボロボロとしていてこれで全て台無しになっています…。

東京ばな奈カステラメープル味「見ぃつけたっ」

これぞ正真正銘羽田空港でしか購入できないお土産ですね。羽田空港に行ったことをアピールしたい人はこのお土産がぴったりです。

ただ味は正直微妙です。素直にメープルだけの味にしておけば良かったと思います。何でもバナナを組み合わせれば良いってもんじゃありませんね…。

東京ばな奈「見ぃつけたっ」

東京土産と言ったら東京ばな奈!

と言ってもいいくらい有名なお土産ですよね。ふわふわしっとりとした生地に中にはとろけるようなバナナカスタードがたっぷりと入っていました。涼しい場所で保存してたおかげか中のクリームがとてもひんやりとしていて美味しかったです。

ただ、味に対して知名度があまりにも高すぎるな。という印象はあるんですよね。賞味期限が短めなので、日持ちするお土産を探している方にはおすすめ出来ません。

御用邸チーズケーキ

羽田空港第1ターミナル内にあるフライトショップで販売されていたお土産です。お土産の中では一際目立つ存在感を放っていました。

実際は、ごく普通のチーズケーキ…ではないんですが、正直少し期待が外れてしまい、チーズケーキというよりはヨーグルトケーキのほうが正しい気がします。ちなみに、冷蔵保存より電子レンジで温めてから食べた方が美味しかったです。

このお土産の詳細(実際に食べました)
御用邸チーズケーキのカロリー、賞味期限と食べた感想

寒月こしあん

見た目はおまんじゅうのようで紛らわしいですが実際はこしあんのパンです。外側の生地は分厚くしっかりとしており中にはこしあんがぎっしり詰まっているのでとてもボリューミーでした。ただ、上質なお菓子って程ではありませんでしたね。

このお土産の詳細(実際に食べました)
寒月こしあんのカロリー、賞味期限と食べた感想

皇居外苑 菊園もなか

美味しいことには美味しいのですが、2,000円という値段を考慮すると物足りない感は否めないですね。正直不満が残ってしまいました。外側の生地は他の最中では絶対に体験出来ないほど嘖サクサクとしたものでしたが、それでもまだ足りないです…。

外側の生地と中の餡が別々になっている最中をお探しの方にはおすすめです。

このお土産の詳細(実際に食べました)
皇居外苑 菊園もなかのカロリー、賞味期限と食べた感想

ドリーミングマウンテンエア

全部で11個11種類の味を楽しむことが出来ます。これだけ味の種類があれば当然苦手な味も1つくらいはあると思いますが、逆によほど甘いものが苦手じゃない限りは、ドストライクな味も1つくらいはあるってことになります。

個人的にはキャラメル味が断トツで美味しく他の味も普通に美味しく食べることが出来ました。甘みの強いチョコレートが多いですね。見た目の可愛らしさからは想像が出来ないほど高級感のあるチョコレートだと思いました。

東京百年物語-焼きキャラメル-

販売元であるシーキューブの公式通販サイトでも購入することが出来ますが、私は羽田空港第1旅客ターミナル内にあるフライトショップで購入しました。

私が知る限りではシーキューブのお菓子はどれもレベルが高いです。苦いものでも甘いものでも、それ自体が得意じゃないって人でも美味しく食べれるように工夫がなされているんですよね。お見事の一言です!

3位 ボナペティマンマのマドレーヌ

ハートの形をしたメープルシュガー味のマドレーヌです。中心部分がふっくらとしておりとてもボリュームがあります。空腹時に食べた時の満足度は非常に高いです。

ボリュームだけではなく味もしっかりとしておりとてもバランスのとれたお菓子でした。1個あたり200円近くするのはちょいと高すぎるかなと思いましたが…。

2位 三方六の小割

JAL国内線ファーストクラスに採用されたお土産ということで、名ばかりではなく実際に食べてみて頬がとろけてしまうくらい美味しいお菓子でした。

甘すぎるものが苦手な私にとってはこのくらい控えめな甘さがちょうど良かったのです。一言で言うなら手軽に食べれるミニケーキですね。

味、食感ともに文句の付け所がありません。

このお土産の詳細(実際に食べました)
三方六の小割のカロリー、賞味期限と食べた感想

1位 いのち・アップル

こんな美味しいお菓子がこの世にあるんだとそんなことを思ってしまったくらい感銘を受けたお土産でした。カスタードクリームとアップルソースの組み合わせが抜群に良かったです。全体的にとてもしっとりとしておりパサパサ感はまるでありませんでした。これならJAL国内線ファーストクラスで採用されていると聞いても不思議ではありませんね。

このお土産の詳細(実際に食べました)
いのち・アップルのカロリー、賞味期限と食べた感想

最後に

まだまだ羽田空港のお土産は購入して1つ1つ記事にして紹介していくので、どんどん変化していくと思います。よろしくお願いします。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す