お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【広島のお土産】地酒まんじゅうのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

地酒という単語を初めて知ったので調べてみたら、その土地で生産されるお酒という意味だったんだね。

ということは、広島のお土産で地酒まんじゅうというと、広島で生産されている地酒(今回のは廿日市のお酒を使用しているまんじゅう)を使ったおまんじゅうってことになるのか。

実は私、28歳にしてお酒を飲んだことがないんです。というのは嘘で、あるんだけどチューハイを2回くらいしかなかったり。お酒もビールも飲まずにお茶だけ生活の毎日だから、食べる前からお口に合うか心配だね。

地酒まんじゅうについて

ここでは、地酒まんじゅうの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておく。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていなかった。

名称 和菓子 
品名 地酒饅頭6個入 
価格 ¥648 
原材料名 小豆、水飴、グラニュー糖、砂糖、小麦粉、上物粉、酒粕、酒精
山芋、卵白、澱粉、植物油脂、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、赤色104号
香料(原材料の一部に大豆を含む) 
内容量 6個 
賞味期限 約1か月(11月1日商品到着で賞味期限が12月1日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて常温で保存する 
販売者 (有)ハングマーサン
広島県廿日市市串戸2-5-5
TEL:0829-32-0480 

地酒まんじゅうの開封と食べた感想

ここからは、地酒まんじゅうの開封と実際に食べていく様子を紹介していくよ。

これが地酒まんじゅうの外箱。左下に全国観光土産品公取協の認定シールが貼ってある。

裏面には賞味期限や保存方法などが載っている。倉庫で長い間保管されていたのか配送が雑だったのか分からないけど、裏面は大分傷が目立つね。

表面に貼ってある白い帯を左右の側面に貼ってあるセロハンテープを剥がして取っていく。

箱を開けるとこんな感じ。地酒まんじゅうが入っている紅白の袋が入っている。

そして、お買い上げありがとうございます。

のメッセージカード。1人1人手書きで書いている訳じゃないんだけど、この手書きっぽいフォントは私の好みなので地味に好感度がアップした。

中を開けると取扱商品が一覧で確認出来る。

モンドセレクションのゴールドアワード賞とグッドデザイン賞の両方に受賞経験のある瀬戸田のレモンケーキも販売しているね。

紅白両方の袋を取ってみた。紅白で味が違うのかと思ったけどこの袋を見る限りどっちも同じこしあんの味に見える。

紅白の両方のおまんじゅうを袋から取り出してみたよ。

少し距離を話していると全く感じないけど、近くから匂いを嗅ぐとしっかりとお酒の香りをしているのが良く分かる。

どちらも食べてみたけど、やっぱり味も風味も全く同じで外側の皮の色が違うだけみたいだね。中のこしあんの色や量も全く同じ。

思っていた以上にお酒の味が強くて、普段お酒を全く飲まない私としては一口食べてもう良いです。ってなるくらい拒絶反応が起きてしまった。これは廿日市のお酒がいけないんじゃなくて、私にお酒の耐性がないだけ。

普段からお酒を嗜んでいる人なら、むしろお酒の味全くしなくない?ってなる人もいると思う。でも私にはとっても苦手な味でした。もちろんこしあんの味の方が強いけどお酒独特のツーンって感じが無理でした。

通販サイトで購入することが出来る

地酒まんじゅうは広島だけじゃなくて日本各地で結構販売されているんだけど、今回紹介した広島の地酒まんじゅうは、楽天市場やYahoo!ショッピングなどの通販サイトでは見つけることが出来なかった。

私が今回購入した場所は広島のお土産を専門に扱っているひろしま夢ぷらざ。食べてみたいな。と思ったらこちらから購入してみてね。

ひろしま夢ぷらざ

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(2.0)
甘さ
(4.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(2.0)

今回紹介した広島の地酒まんじゅうは、私からはあまりおすすめ出来ないおまんじゅうだけど、お酒が好きな人にはお口に合うんじゃないかな。

でなかったら誰に合うんだよってお話だからね。今まで普通のおまんじゅうしか食べてこなかったんだよね。少し捻ったもので黒胡麻のまんじゅうくらいか。

だから、地酒まんじゅうがどういうものか全く分からなかったけど、この類のものは私には合わないんだなって改めて思ったよ。

お酒の味がもう少し控えめであればいけるかもしないけどね。言ってしまえば、普通のお料理にもお酒は良く使われているし。

ほとんどの場合は少量だけどね。今後はよほど気にならない限りは地酒まんじゅうの紹介を自重するかもしれない。お酒好きの人はごめんなさい。

他のお土産が気になるあなたへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す