お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【広島のお土産】海軍さんのカレーおかきのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

海の防人たちが愛した味というキャッチコピー。

そもそも防人(さきもり)ってなんなのよ!ってことだけど、日本の飛鳥時代から平安時代、律令制度下で行われた軍事制度とのこと。

平安時代の味を現代に再現出来るとは思えないし、そもそも言い伝えられていないだろうし、防人たちが愛した味ではないだろうけど。

美味しいことに越したことはないから、そうであることを祈りながら紹介していきます。

海軍さんのカレーおかきについて

ここでは、海軍さんのカレーおかきの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておく。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていなかった。

名称 カレーおかき 
品名 海軍さんのカレーおかき
価格  ¥668
原材料名  うるち米(国産)もち米(国産) 、植物油脂、とうもろこし澱粉
砂糖、醤油、水飴、デキストリン、ウスターソース、黒胡椒、香辛料
醸造酢、乳製品、食塩、オニオンエキス、鰹節粉、増粘剤(加工澱粉)
調味料(アミノ酸等)、トレハロース、乳化剤、香料
(原材料の一部に大豆、小麦、乳、りんごを含む)
内容量  18g×6袋入
賞味期限 約1か月(11月3日に商品到着で賞味期限が12月2日) 
保存方法 直射日光を避けて乾燥した場所で保存する 
販売者 株式会社わだつみ物流 SNK
広島県呉市広古新聞4丁目10-30
TEL:0823-21-9200 

海軍さんのカレーおかきの開封と食べた感想

ここからは、海軍さんのカレーおかきの開封と実際に食べていく様子を紹介していくよ。

これが海軍さんのカレーおかきの外箱。バックには海軍船が描かれている。

裏面には賞味期限や保存方法が載っている。

上の画像のように側面に貼ってある透明のシールを剥がすと箱を開けることが出来る。

箱を開けるとポケットみたいな構造になっている。そのため、箱を振ったり不安定な場所に置いたりすると中の袋の配置がバラバラにズレます。

青と黒が基調の袋。

カレーというと黄色とかオレンジとか色としては頭に思い浮かぶと思うんだけど、海軍さんのカレーおかきはカレーより海軍のイメージを優先しているみたいだね。

裏は銀色一色。角度によっては反射で自分の顔が微妙に見えたりする。

大体量は以前紹介した東京カリー揚げ餅と同じくらいだね。

風味に関してはしっかりと匂いを嗅げばカレーの香りがしてくる程度で、部屋全体に広がるほどキツイ匂いはしなかった。

一口目で甘いカレーの味だな。ということは分かったんだけど、食べ続ければスパイシーなピリピリとした感じが味わえるのかな?

と思ったら、それも全然なくて、ただひたすらまろやかで甘いカレーのお菓子を食べているかのようだった。

個人的にはもっとスパイスが効いているおかきの方が良かったんだけど、これはこれで飲み物なしでも無理なく食べることが出来るから、気軽に食べれるという点では東京カリー揚げ餅にも勝ってるかと。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した海軍さんのカレーおかきは、希少価値がそこそこ高いお菓子で、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなどの主要な通販サイトでは販売されておらず購入することが出来ない。

じゃあ現地まで足を運ばなきゃいけないのか。と言われればそうではなく、広島のお土産を専門に扱っているひろしま夢ぷらざや、コーヒー豆の専門店である焙煎豆通販で購入することが可能だよ。

焙煎豆通販に関しては、10,800円以上お買い上げの場合は送料が無料になる。その他は特に変わらないから自分がこっち!と思った方を利用してみてね。私は前者のひろしま夢ぷらざで購入しました。

焙煎豆通販 コーヒー豆
フレッシュバッグ専門店

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(1.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

以前紹介した東京カリー揚げ餅に良く似ているお土産だった。

東京カリー揚げ餅と比べると、スパイシー感が弱く一気に食べてもお口の中がピリピリとすることがないね。

ピリピリとする感じが嫌なら今回紹介した海軍さんのカレーおかきの方が合う。

少しだけ辛みを感じるかな?と思うことはあるけどそれも気にならない程度。辛さより甘さが際立つまろやかなカレーをおかきにしましたって感じ。それでも十分美味しいんだけど、やっぱりスパイシー感が足りないかな。と思ってしまった。

先に東京カリー揚げ餅食べていなければ、もっと満足度が高かったお土産だったかもしれない。

他のお土産が気になるあなたへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す