お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【石川(金沢)のお土産】紙ふうせんのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

紙ふうせんと聞いてパッとお土産の紙ふうせんが頭に思い浮かぶ人はあまりいないですよね…。今回紹介する紙ふうせんは、以前私が大絶賛したあんず餅と同じ髙木屋が販売しているのでめちゃめちゃ期待しています!。

紙ふうせんについて

ここでは、紙ふうせんの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称  菓子
品名 紙ふうせん
価格 ・¥648(9個入)
・¥1,296(16個入)
・¥1,944(28個入)
原材料名  砂糖、最中種(餅米)、寒天、水飴、洋酒、白ワイン
香料、コチニール色素、クチナシ色素、酸化防止剤(亜流酸塩)
内容量 9~28個
賞味期限 約1か月(商品到着が12月12日で賞味期限が翌年の1月4日)
保存方法 高温多湿を避けて常温で保存する
販売者  果匠 髙木屋
金沢市本多町1-3-9
TEL:076-231-2201

紙ふうせんの開封と食べた感想

ここからは、紙ふうせんの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これが紙風船の外箱。

包装紙で覆われている状態です。ピンクのお花柄とても可愛らしいです。紙風船というネーミングのお土産にぴったりのデザインですね!

これが裏面です。販売元である髙木屋の住所や電話番号が載っています。

側面には賞味期限や保存方法などが載っていました。この部分に貼ってある透明のテープを剥がして包装紙を剥がしていきます!

包装紙を剥がして中の箱を取り出してみました。

箱を開けると紙風船と書かれた紙が同梱されています。

何とこの紙には折り紙で紙風船を折る方法と、紙風船をすぐに折れるように折り紙まで同梱されていました。

もうこれがメインじゃないかと思ってしまうくらい手が込んでますよね。

折り紙の話で少し横道に逸れましたが、これが箱の中身です。白色、ピンク色、緑色の玉の形をしたお菓子が入っています。

実際に各色を1つずつ手に取ってみました。

凄く軽いです。形もサイズも重さもガチャポンの玉によく似ています。

真ん中に切りこみがあるのでそこから開けたら何か出てきそうな感じがしますよね。実際にはこの切り込みから開けることは出来ないのですが…。

全部同じ味なんじゃないかな?と疑いながら3種類とも食べてみましたが、それぞれ味は違いました。そして中に入っているお菓子の色も違いますね。

緑色の玉の中には白色のお菓子。ピンク色の玉の中にはピンク色のお菓子。白色の玉の中には黄色のお菓子がそれぞれ入っています。

ピンク色がブドウ。黄色がレモンまでは分かったんですが、白色が何なのか分からなかったので、公式サイトを見てカンニングしました。白色は白ワインとのことです。いやいやワインは普段飲まないから分からないですよ。

ただ、ワインと言ってもワインらしさは恐らくないですし、甘さが強調されているので、小さな子供が食べても問題ないと思います。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した紙ふうせんは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトや、金沢のお土産を専門に扱っている金沢百番街などからお取り寄せすることが可能です!金沢百番街は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ポンパレモールに出店しているので非常に使い勝手が良いです♬

金沢百番街

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(2.0)
甘さ
(3.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(2.0)

大人向け…というよりは子供用のお菓子のような甘いものが好き!って人以外にはおすすめ出来ないお土産ですね。

しかも、箱の中には折り紙で紙風船を折る方法と折り紙まで入っているので尚更大人向けのお土産ではありません。

ただ、色々挑戦したお土産なんだな。と、とても感心しました。上からな言い方ですみません。

恐らく、折り紙と折り方を同梱しているお土産は他にはないと思います。間違いなく唯一無二のお土産です。折り紙のコストもかかりますからね。

作る側からしたらあまり良いことはないと思うんですが、これだけインパクトのあるお土産なので話題にはなるのかもしれません。

私にはお菓子よりもこの折り紙の方がメインに感じましたね…。

他のお土産が気になるあなたへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す