お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【石川(金沢)のお土産】園の四季のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

園の四季の読み方が分からず、販売元である加藤皓陽堂を拝見したのですが、全商品一覧の中になぜか園の四季がありませんでした…。既に公式サイトでは販売されておらず、お土産の総合サイトのような場所でしか売られていないものなんでしょうかね。良く分かりません。

園の四季について

ここでは、園の四季の賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称  菓子
品名 園の四季 
価格 ¥648
原材料名 糯米(国産)、砂糖、和三盆、黒砂糖、抹茶
卵白、着色料(赤色106号、青1号、黄4号) 
内容量 6枚 
賞味期限 約2か月(商品到着が12月12日で賞味期限が翌年の2月14日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 
販売者 (株)加藤皓陽堂
金沢市二口町2-94-1
TEL:076-231-3053

園の四季の開封と食べた感想

ここからは、園の四季の開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これが園の四季の外箱。包装紙で覆われている状態です。

裏面には賞味期限や保存方法などが載っていました。園の四季の賞味期限は約2か月。大分長い上に6枚しか入っていないので十分すぎますね。

包装紙を剥がして中の箱を取り出してみました。中の箱ですが、表面はワインレッドのような色をしており裏面は真っ黒です。

箱を開けると園の四季と書かれた紙が同梱されていました。こちらの紙はとても柔らかいので本のしおりには出来なさそうです…。

こちらが箱の中身です。

全部で4種類入っていました。ネーミングに四季と付いているのでそれがそのまま来ている感じですね。

実際に4種類全てを食べてみました。味はどれも似たり寄ったりでどれも甘い味をしていました。食感は…湿気たおせんべいのような感じ。

これは何も手を抜いている訳ではなく、敢えてこういう食感にしているのだと思いますが、正直受けは悪いと思います。見た目はおせんべいですしやっぱりパリパリとした食感の方が嬉しかったです。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した園の四季は、冒頭でもお話した通り、販売元である加藤皓陽堂のオンラインショップでは販売されていませんでした。

一応、金沢のお土産を専門に扱っている金沢百番街からお取り寄せ可能ですので、興味がある方はそちらから購入してみてください。

公式サイトでも販売されていないとなると、希少価値はかなり高そうですが、その反面知名度はかなり低そうですね…。

金沢百番街

最後に

美味しさ [star2]
甘さ [star3]
外箱のデザイン [star3]
おすすめ度 [star2]

言い方がとても悪くなって申し訳ないのですが、湿気たおせんべいを食べている気分でした。1週間くらい袋から出して放置しておいたおせんべいのような感じですね。

パリパリやサクサクといったしっかりとした食感がほとんどなく、食べ応えがないな。と思ってしまいました。1枚食べても全然食べた気がしないんですよね。これが6枚で648円…それは流石に高すぎると思いました。

私的には、そこら辺のスーパーで販売されているおせんべいを購入した方が満足出来ます。味は和三盆や黒糖の甘い味が強く抹茶の味はあまり感じ取れないですね。甘いものだけでなく塩気のあるものも欲しかったです。

全部で4種類の味がありますが、どれも共通していることは湿気たような食感と甘いということですね。なぜこの食感にしてしまったのか、差別化のためかもしれませんが、不思議でなりません。辛口でごめんなさい…。

他のお土産が気になるあなたへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す