お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【北海道のお土産】北の散歩道(さくらんぼ)のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

外箱の写真を見る限り、少し前に紹介したふわの雪どけチョコクッキーにそっくりですね!

中に入っているのが山ぶどうからさくらんぼになっただけでしょうか?それならそれで山ぶどうの時よりは美味しそうな気がします!

味に関してはさくらんぼの方が主張の弱いでしょうからね。結構楽しみです♬

北の散歩道(さくらんぼ)について

ここでは、北の散歩道(さくらんぼ)の賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値についてテーブルで詳しくまとめておきます。

名称 菓子 
品名 北の散歩道 さくらんぼ 
価格 ¥648
原材料名  チョコレート(砂糖、ココアバター、乳糖、全粉乳、食用植物油脂)
小麦粉、さくらんぼソース(麦芽糖、さくらんぼ(北海道仁木町産)、砂糖、
還元水あめ、水あめ)、砂糖、バター、卵、ショートニング
さくらんぼ果汁パウダー、(さくらんぼ(北海道仁木町産)、食塩/乳化剤、
トレハロース、膨張剤、酸味料、着色料(アカダイコン)、香料
酸化防止剤(V.C、V.E)、増粘剤(ペクチン)
(一部に小麦、卵、乳成分、大豆を含む)
内容量 8個 
賞味期限 約1か月半(商品到着が11月25日で賞味期限が翌年の1月6日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて28℃以下で保存する 
販売者  株式会社 もりもと
〒066-0051 北海道千歳市泉沢1007-84
TEL:0120-24-4181 
栄養成分表示
(1個当たり)
エネルギー 65kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 3.3g
炭水化物 8.1g
食塩相当量 0.03g

北の散歩道(さくらんぼ)の開封と食べた感想

ここからは、北の散歩道(さくらんぼ)の開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これが北の散歩道(さくらんぼ)の外箱。サイズ感や雰囲気はふわの雪どけチョコクッキーにそっくりなのです。

裏面には賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値が載っています!北海道産の小麦を使用しておりサクッとした食感が特徴的なお菓子とのこと。

箱を開けると北の散歩道が8個入っています。

袋は赤と白を基調としたデザインでさくらんぼをイメージしていると思われます。

表面はさくらんぼ味のチョコレートですね!

どう見ても苺味のチョコレートにしか見えませんが。さくらんぼ味のチョコレート自体が珍しいですからしょうがないですね。

実際に食べてみました!

さくらんぼ味のチョコレートにさくらんぼのコンフィチュールなので、全体的にさくらんぼに包まれているお菓子なんですよね。

でも食べてみると私のおバカな舌ではこれがさくらんぼの味なのかと、なかなか理解することが出来なかったです。

それもこれも普段さくらんぼを食べないからですね。さくらんぼをほとんど食べない人にさくらんぼの味が分かるはずがありませんん…。分かってはいるんですがちょっと悲しかったです。さくらんぼの味を楽しみたかった。

甘さは山ぶどうよりずっと控えめで食べやすく、クッキーのサクッとした食感とチョコレートのカクッとした食感が心地よかったです!もう一度食べたいとまでは思いませんでしたが、悪くないお菓子です!

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した北の散歩道(さくらんぼ)は、北海道まで足を運ばなくても販売元であるもりもとのオンラインショップで購入することが出来ます!

もりもとはとにかく上質なお菓子が和菓子、洋菓子問わず揃っているので、美味しさ重視のお土産を求めている方は是非チェックしてみてください。

morimoto-shinya
オンラインショップ

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(2.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

やはり山ぶどう(ふわの雪どけチョコクッキー)の味と変えたバージョンでしたね。

なので、目新しさは全くないのですが、ホワイトチョコと山ぶどうの組み合わせよりは、さくらんぼチョコレートとさくらんぼのコンフィチュールの組み合わせの方が断然合っていて食べやすかったです。

さくらんぼくらい主張が弱いものだとチョコレートともそれなりに合うことが分かりました。特別な美味しさはないのですが、普通に美味しく食べれるので美味しさは★3にしました。また食べたいとまでは思わないですね。

そして、実際に食べている時に何の味か分かりにくいのが難点です。事前にどんな味が知らない限り、何の味か答えることは困難を極めると思います。甘いんだけど…これは何の味だろう?ってなると思いますよ。

と思ったんですが、単純に私がさくらんぼの味を知らないだけかもしれませんね。失礼しました。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す