お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【福岡のお土産】小ぶり紅鶴乃子のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

以前こぶりではない普通の鶴乃子を食べたのですが、これが正直とても微妙な味でした。

お世辞にも美味しい!また食べたい。とは言えなかったんですよね。今回は以前紹介した鶴乃子とは味も全く違うものです。福岡名物のあまおう苺ですね!

このあまおう苺によって、どのように変化していくのか紹介する前から楽しみでなりません!

小ぶり紅鶴乃子について

ここでは、小ぶり紅鶴乃子の賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値についてテーブルで詳しくまとめておきます。

名称 菓子 
品名 小ぶり紅鶴乃子 
価格 ¥1,080 
原材料名 苺あん(白生あん、砂糖、苺、水あめ)、砂糖、水あめ
ゼラチン、コーンスターチ/トレハロース、ソルビトール
加工でん粉、酸味料、着色料(野菜色素、紅麹)、香料
ピロリン酸Na、増粘剤(キサンタンガム)、(一部にゼラチンを含む) 
内容量 12個 
賞味期限 約10日(商品到着が11月28日で賞味期限が12月6日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて涼しい場所で保存する 
販売者  (株)石村萬盛堂 大宰府工場
福岡県太宰府市大字内山456-1
TEL:0120-222-541
栄養成分表示
(1個あたり)
エネルギー 40kcal
たんぱく質 0.4g
脂質 0.0g
炭水化物 9.8g
食塩相当量 0.01g

小ぶり紅鶴乃子の開封と食べた感想

ここからは、小ぶり紅鶴乃子の開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これが小ぶり紅鶴乃子の外箱。

包装紙に覆われている状態です。鶴と苺のデザインが描かれています。真っ赤な配色はあまおう苺を強調したものでしょうね。

裏面には賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値が載っていました。

上の画像のように側面から包装紙を剥がして中にある箱を取り出していきます。

これが外箱の表面ですね。

箱を開けると中には小ぶり紅鶴乃子の詳細が記載されている大きめの紙が同梱されていました。

これが箱の中身です。ピンク色一色ですね!とっても可愛らしいです。今回は12個入りを購入しました。

袋を1つ手に取ってみましたよ!

これが小ぶり紅鶴乃子です。

色は薄いピンクをしていました。表面はとてもサラサラとしていますが、直接触れても手が汚れることはありませんでした。とても不思議ですね。

とういことで実際に食べてみました。

早い話が、中にあまおう苺の餡が入っているましゅまろを食べているような感覚です。

外側の生地はぷにぷにとしており、食感はしゅわしゅわって感じです。あまおう苺の餡は、甘いだけではなく甘酸っぱさが感じられました。

個人的にはこれでも微妙…と思ってしまうのですが、以前食べた鶴乃子よりは印象に残りますし美味しく食べることが出来ました。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した小ぶり紅鶴乃子は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどからは購入することが出来ませんが、福岡のお土産を専門に扱っている福岡空港オンラインショップからお取り寄せすることが可能です!

福岡空港オンラインショップ

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(3.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

以前食べた鶴乃子よりはとても印象が良かったです。

ましゅまろっぽい生地の中に入っているあまおう苺の餡は甘酸っぱい味でとても美味しく感じました!ただ、やはり私的になのですが、ましゅまろの生地と餡はあまり相性が良いとは思えないんですよね。

別にましゅまろの生地が嫌いという訳ではありませんが、このふにゅふにゅしゅわしゅわとした感じが子供っぽいお菓子を演出しちゃってるなって感じました。

ましゅまろって子供っぽいイメージが強いんですよね。この生地ではこの辺りが限界ではないでしょうか?

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す