お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【沖縄のお土産】黒糖と紅芋のドーナツ棒のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、沖縄の名物である黒糖と紅芋が一度に楽しめるお土産です!黒糖と紅芋をドーナツと組み合わせてお菓子にするとか斬新ですよね。

この組み合わせは人生で一度も食べたことがないので相性が良いのかは分かりませんが、一度は食べてみたい。という気持ちにはさせてくれますね♬早速、期待を寄せつつ紹介していきたいと思います!

黒糖と紅芋のドーナツ棒について

ここでは、黒糖と紅芋のドーナツ棒の賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値についてテーブルで詳しくまとめておきます。

名称 油菓子 
品名 黒糖と紅芋のドーナツ棒 
価格 ¥702
内容量 黒糖ドーナツ6棒本、紅芋ドーナツ棒6本 
賞味期限 約2か月(商品到着が11月13日で賞味期限が翌年の1月22日) 
保存方法 直射日光、高温多湿の場所を避けて常温で保存する 
販売者 株式会社 フジバンコンフェクトOK
〒900-0003 沖縄県那覇市安謝1-23-21
TEL:098-861-0365
FAX:098-860-9965
原材料名
黒糖ドーナツ棒 小麦粉(国内産)、植物油脂、糖類
(黒糖(沖縄産)、粗糖、水あめ、糖蜜)
還元水あめ、鶏卵、ショートニング、はちみつ/膨張剤
紅芋ドーナツ棒 小麦粉(国内産)、植物油脂、還元水あめ、糖類
(グラニュー糖、糖蜜)玄米粉(隈本さん)、鶏卵
紅芋ペースト(沖縄産)、焼きいもパウダー、ショートニング
はちみつ、ベニコウジ色素/膨張剤、香料
  黒糖ドーナツ棒
(16g)
紅芋ドーナツ棒
(12g)
エネルギー 70kcal 56kcal
たんぱく質 0.5g 0.3g
脂質 2.7g 2.6g
炭水化物 10.7g 7.6g
食塩相当量 0.03g 0.02g

黒糖と紅芋のドーナツ棒の開封と食べた感想

ここからは、黒糖と紅芋のドーナツ棒の開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これが黒糖と紅芋のドーナツ棒。沖縄県産の黒糖と紅芋が使用されていることが強調されていますね。

と言っても、現実は沖縄県産であることより美味しいか美味しくないかが全てだったりします。

裏面には賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値が載っています。賞味期限は約2か月と結構長めなのでゆっくり食べていけそうです。

上の画像のように側面に貼ってある透明のシールを剥がすと箱のフタを開けることが出来ますよ!

ドーナツ棒はプラスチックの容器に入っていました。右6個が紅芋ドーナツ棒。左6個が黒糖ドーナツ棒ですね。

袋から出しても色で判別出来ると思います!

1種類ずつ手に取ってみました!

黒糖のドーナツ棒は本当に黒いですね!対して紅芋のドーナツ棒は普通のドーナツとあまり変わらない色合いに見えます。

ということで実際に食べてみました!結論から先に言うと本当に全部が全部微妙な感じです…。一番致命的なのは食感ですね。ドーナツ棒という名前なのに全然ドーナツっぽさを感じさせない固さでした。

紅芋と黒糖ともにそれ自体の味はしっかり感じ取れますが、このドーナツ棒の生地との相性があまり良くないみたいで、残念ながら美味しく食べることは出来ませんでしたね。また食べたいって思える味ではありません。

失礼なことを言ってしまうと、スーパーで売っている格安のドーナツだったり、ミスタードーナツのファッションドーナツの方が数倍美味しく感じました。

黒糖は何と相性が良いのか私は分かりませんが、紅芋に関してはタルトとの相性が抜群なんですよね。紅芋は甘いものとの組み合わせが良くないのでしょうかね。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した黒糖と紅芋のドーナツ棒は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトはもちろんのこと、他にも、沖縄のお土産を専門に扱っているおきなわ屋 ONLINE、販売元である株式会社フジバンビのオンラインショップからお取り寄せすることが可能ですよ!

おきなわ屋 ONLINE

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(2.0)
甘さ
(2.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(2.0)

思ったものと全然違いました。

ドーナツっぽさがほとんど感じられませんね。ドーナツと言われれば、そうだね。ドーナツだよね。とはなるけど、何も知らずに食べてたらこれはドーナツだとは思わなかったかもしれません…。

まず食感が一般的なドーナツと全然違います。

あまりにも固すぎます。シャクシャクとした感じ。それと食べてみて思いましたが、黒糖と紅芋との相性も思いのほかあまり良くありませんでした。

これなら普通にミスタードーナツとかで販売されているファッションドーナツを食べますね…。やるならドーナツ棒ではなく、一般的な丸いドーナツにして食感も全く同じものにするべきだったと私は思いました。

ドーナツでこの食感は流石に違和感がありすぎます。残念ながらもう食べることはないでしょう…。黒糖と紅芋をドーナツと組み合わせるのが良くなかったのかもしれませんね。パイナップルの方が合いそうな気がします。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す