お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【沖縄のお土産】黒糖プレッツェルのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

まずプレッツェルってなんだよ!と無知な私はこの言葉について軽く調べてみたところ、ドイツの焼菓子(ビスケットや硬いパン)のことなんですね。RPGに出てくる伝説の剣の名前かなんかだと思いましたよ。

外箱の写真を見る限り、ビスケットとかパンというよりはポッキーのような感じがしますが、実物を見てみないことには分からなさそうですね…。

黒糖プレッツェルについて

ここでは、黒糖プレッツェルの賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値についてテーブルで詳しくまとめておきます。

名称  プレッツェル
品名 黒糖プレッツェル 
価格 ¥108
原材料名 小麦粉、植物油脂、黒糖(沖縄県産)、砂糖、黒糖風味
調味料、黒蜜、ショートニング、マーガリン、イースト、食塩
ココアパウダー、カラメル色素、膨張剤、乳化剤、リン酸ナトリウム
香料、(原材料の一部に卵、乳成分、大豆を含む) 
内容量  50g(2袋)
賞味期限 約7か月(商品到着が11月13日で賞味期限が翌年の6月) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 
販売者 カバヤ食品株式会社
〒709-2196 岡山市北区御津野々口1100
TEL:086-724-5670(お客様相談室) 
栄養成分表示
1箱(50g)当たり
エネルギー 247kcal
たんぱく質 4.3g
脂質 9.5g
炭水化物 35.1g
ナトリウム 195mg

黒糖プレッツェルの開封と食べた感想

ここからは、黒糖プレッツェルの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これが黒糖プレッツェルの外箱。

もう本当にポッキーとかプリッツそのものですよね!江崎グリコが販売しています!とか言われても全然疑う余地がないです。

裏面には賞味期限や保存方法が載っています。カロリーやたんぱく質は側面に載っていました。

OPENの場所から箱を開けていきます。

箱を開けると銀色の袋が2つ入っていました!

外箱には2袋で50gと記載されていましたが本数は載っていませんでしたね。実際の本数は17本でした。多くもなく少なくもなく…ですね。

実際の味はポッキーやプリッツと同じくポリポリポキポキとした食感!サクサクとかではないですね。サクサクはクッキーのイメージが強いですから。

食感の表現に困ったらとにかくサクサクと言うようにするのだけはやめたいと思ってます。例え誰も使っていない表現だとしても、自分が感じたままにどんどん使っていきたいですね!

そして味はまさに黒糖です。深みのある甘さがあります!甘みはそんなに強くないんですが甘ったるさはありますね。表現が難しいですが、ミルクチョコレートのような強い甘さではないということです。

私としては、この手のものは甘いものとの相性が悪いと思っていますので、今回の黒糖プレッツェルに関してもあまり良い印象は抱けませんでした。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した黒糖プレッツェルは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの誰もが知っている通販サイトで購入することが出来ますが、いずれも定価以上で販売されているケースが多いのでおすすめ出来ません。

どうしても欲しいなら、沖縄のお土産を専門に扱っているおきなわ屋 ONLINEがおすすめです!ここなら定価の108円で購入することが可能ですからね♬Amazonだと500円近い値段で販売されていることもあります…。

おきなわ屋 ONLINE

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(2.0)
甘さ
(2.0)
外箱のデザイン
(2.0)
おすすめ度
(2.0)

安価な商品なのでしょうがないって言えばしょうがないんですが、外箱からはお土産らしさを感じないですね。商品名の頭に沖縄限定と付いているだけでプレゼントされても喜べるものではないです…。

そして食感や見た目は食べる前に想像した通り、ポッキーというよりはプリッツの方が近いかな?本当にそのものでした。

黒糖という味を除けば何が違うのか私には分かりませんでしたからね。プリッツは江崎グリコが販売しているお菓子で、今回紹介した黒糖プレッツェルは、カバヤ食品ですから全く別のところが作っていると考えられますね!

ポキポキとした食感は快感でしたが、黒糖という味のチョイスが良くないですね。沖縄とは全く関係のないものになってしまいますが、プリッツと同じようにサラダ味を出していれば人気商品になってたと思います。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す