お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【USJのお土産】恐竜カツのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

恐竜カツというネーミングではありますが、実際のところめちゃくちゃ大きいカツの駄菓子です。ビッグカツやサクサクソースカツをご存知の人は、あれがそのまま大きくなったものをイメージしてもらえればなと。

最近の人は近くに駄菓子のお店なんてないですし、そういう人にとっては新鮮なお土産になると思います。と言っても所詮子供向けのものですので、純粋に美味しさを追い求めている人には向かないものですね。

恐竜カツについて

ここでは、恐竜カツの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称 魚介加工品 
品名 恐竜カツ 
価格 ¥1,200
原材料名 パン粉、植物油、小麦粉、中濃ソース、魚肉シート
(魚肉すり身、でん粉、その他) 、鶏卵、香辛料、大豆たん白、砂糖
食塩、酵母エキス、たん白加水分解物、グリセリン、加工デンプン、ソルビット
調味料(アミノ酸等)、膨張剤、着色料(カラメル、カロチノイド)
増粘多糖類、甘味料(ステビア)、(原材料の一部にりんご、ももを含む) 
内容量 16枚
賞味期限 約3か月(11月9日商品到着で賞味期限が翌年の2月5日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 
販売者 株式会社松風屋 N23
〒460-0012 名古屋市中区千代田5-16-29
お問い合わせ(別会社):06-6465-3095(9:30~17:30) 

恐竜カツの開封と食べた感想

ここからは、恐竜カツの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これが恐竜カツの外袋です!めっちゃくちゃデカイです。

試しにこの記事を書くために使っているキーボードと比べてみたんですが、見ての通りキーボードとほとんど同じ大きさなのです。

いくらなんでもデカすぎるというかなんというか。

でも恐竜は大きいイメージがありますから、それを表現するためにはこのくらい常軌を逸したデカさの方が良いんでしょうね。

裏面には賞味期限や保存方法が載っています。

右上か右下にある切り口から袋を開けていきます!

袋を開けてから気付いたんですが、1つの大きいお菓子が入っている訳じゃないんですね。ここは本当にガッカリしました。

小さいお菓子が集合体となって大きくなっていただけなんです。袋を開けると全然恐竜カツ!って感じがしなくて…

このギャップにかなり苦しみました。そして中身は16個はいっています。

恐竜のデザインは描かれていますが、やはりこの大きさでは迫力に欠けてしまいますね。

裏面にはUNIVERSAL STUDIOS JAPANの文字。

袋を開けて恐竜カツを取り出してみました。

袋から出すだけでカツの衣がボロボロと落ちてくるくらいなので、出来れば手掴みで食べずに袋に入れた状態で少しずつ食べた方が良いですよ!

ソースカツの味がそのまま表現されていて完成度は非常に高いと思いました。が、カツを食べているというよりは衣を食べている感覚に近いですね。足りない部分を強いソースの味で誤魔化されている感じは否めないです。

とはいえ、1本当たり75円という値段を考えるとコストパフォーマンスは良い方だと思います。味に厳しくない人は美味しく食べれるかと。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した恐竜カツは、USJのオンラインストアで購入することが出来ますよ!通販サイトでありながら多くの商品を取り扱っているので、気軽にUSJのお土産を購入したい人にはめちゃくちゃおすすめです。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
オンラインストア

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(1.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

圧倒的な袋の大きさに驚かされワクワクしながら袋を開けたら、大きいカツが1枚入っている訳じゃなく小さいカツが16枚入っているだけなのは、非常にガッカリしました。

と言っても、袋を開ける前に内容量を見れば16枚としっかり書いてあるので、これを確認しなかった私に非がありますけどね。

恐竜カツというネーミングが付けられていますが、冒頭でもお話した通り、ビッグカツやソーツカツと味や食感はほとんど同じじゃないかなと思います。

私自身ソースカツを食べたのは10年前以上前のことなので、記憶が少し曖昧ですが…。見た目もそっくりですし間違いないです。

ジュラシックパークの恐竜のデザインが描かれているので、一目でUSJのお土産だ!と分かるのは凄く良いです。私のように捻くれた大人ではなく、純粋な子供なら素直に美味しい食べ物として喜んでくれると思います。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す