お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【愛知(名古屋)のお土産】丸八最中のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介する丸八最中はきよめ餅総本家が販売しているお土産です。きよめ餅総本家はきよめ餅や藤団子などで有名ですね!

特にきよめ餅はもちもちした食感と中に入っていたこし餡の組み合わせがとても美味しかったので、今回の丸八最中も期待が持てます!早速紹介していきますね♬

丸八最中について

ここでは、丸八最中の賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながらカロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称 菓子 
品名 丸八最中 
価格 ・¥1,200(9個入)
・¥1,950(15個入)
・¥3,100(24個入)
原材料名  砂糖、小豆、手亡、水飴、和三盆糖、環状オリゴ糖
寒天、抹茶、糯米、着色料(青1、黄4)
内容量  9~24個
賞味期限 約10日(商品到着が12月9日で賞味期限が12月17日) 
保存方法 高温多湿を避けて保存する 
販売者 株式会社きよめ餅総本家
名古屋市熱田区神宮3-74-21 

丸八最中の開封と食べた感想

ここからは、丸八最中の開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これが丸八最中の外箱。包装紙に覆われている状態です。

裏面には賞味期限や保存方法などが載っていました。

丸八最中の賞味期限は約10日。めちゃめちゃ短いので早めに食べてしまいましょう。一番個数が多い24個入りを一人で買うとかしなければ食べ切れないことはないと思います。

包装紙を剥がして中の箱を取り出してみました!

箱を開けると丸八最中の詳細が記載されている紙が同梱されていました。どこか古風な印象を与えてくれます。

これが箱の中身です。品質を保たせるためかか3つに分かれてますね!

3種類の味に分かれています。小槌、太鼓、末廣ですね。

全部袋から出してみました。左から小槌、太鼓、末廣の順番です。どれも大きさはほぼ一緒なのですが、表面に描かれているデザインが違いますね!

で!3つとも全部食べてみたんですが、正直どれも味の違いが全く分からなかったです。

太鼓と末廣の違いは私の感覚が間違っていないならこし餡とつぶ餡という違いのみで味は全く一緒です。

小槌は抹茶の色をしていて本来なら抹茶の味がするはずなんですけど、これが全く抹茶の味がしないです。見た目が緑色をしているのに、抹茶の味がしないから不思議な気持ちになりましたね…。

せっかく3つの味に分けているんだから、もう少し明確に味を分けるべきだったんじゃないかなと。こ

し餡とつぶ餡の太鼓と末廣はしょうがないにしても、小槌は抹茶をコンセプトにしているはずなので、抹茶の味をしっかり出すべきでしたね。

私は抹茶は苦手なので喜ばしいことではありませんが、それが本来の姿なんじゃないかなと思いました。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した丸八最中は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトや、名古屋のお土産を専門に扱っているおみやげパークなどからお取り寄せすることが可能です!

おみやげパーク

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(2.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

最中自体は美味しくてそれは良いんですが、小槌から抹茶の味が全くと言っていいほど感じ取れなかったのはアカンですね。

これでは抹茶が好きな人が買っても残念な気持ちになってしまいます。以前にも京都土産で抹茶味の最中を食べたことがあったんですが、その時も全く抹茶の味がしなかったですし、抹茶味の最中は抹茶の味がしないというのが普通なのでしょうかね?

他のお土産が気になるあなたへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す