お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【北海道のお土産】マルセイバターサンドのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

マルセイバターサンドというネーミングからはどんなバターサンドなのか想像が付きませんね。スタンダードなシンプルなバターサンドなのか、それとも色々な味が楽しめるバターサンドなのか。前者だったらとても嬉しいのですが果たしてどうなるでしょうか?

マルセイバターサンドについて

ここでは、マルセイバターサンドの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやタンパク質などの数値は公表されていませんでした。

名称 菓子 
品名 マルセイバターサンド 
価格 ・¥650(5個入) 
・¥1,300(10個入)
・¥2,080(16個入)
・¥2,600(20個入)
・¥3,870(30個入)
原材料名 バター、小麦粉、レーズン、砂糖、乳加工品(牛乳、砂糖)
ココアバター、卵、アーモンド粉末、ラム酒、リキュール、ブランデー
食塩、膨張剤、香料、植物レシチン(大豆由来) 
内容量 5~30個
賞味期限 約2週間(商品到着が11月25日で賞味期限が12月5日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて25℃以下の場所で保存する 
販売者 株式会社六花亭北海道
北海道河西群中札内村中札内西3線243-15 

マルセイバターサンドの開封と食べた感想

ここからは、マルセイバターサンドの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがマルセイバターサンドの外箱。包装紙で覆われている状態です。比較的小さな箱ですがズッシリとした重みがあります。

たったの10個しか入っていなくてこの重さですから、相当ボリューム満点なバターサンドが入っているんだな?というのが予想出来ますよね。

裏面には賞味期限や保存方法が載っています。

マルセイバターサンドの賞味期限は約2週間とかなり短いので注意してください。また季節によっては常温での保存は出来ないです。

上の画像のようにビリビリと包装紙を剥がしていきます。

中の箱もほぼデザインが一緒ですね。

裏面にも文章が載っています。

箱を開けるとマルセイバターサンドが10個入っています。今回購入したのは10個入ですが、最大で30個入のものまであります。

袋を手に取ってみました。銀色の部分はかなり反射します。

裏面は一面銀色で賞味期限や保存方法などが載っています!

この袋には開け口が用意されていますが、それ以外にも上下からであればどこからでも開けれるようになっていました。

袋から取り出して手に取ってみました。ギッシリとバターやレーズンが詰まっているのが見ただけで分かりますね。とてつもないボリュームです。

ということで実際に食べてみました。

サンド部分のサクサクっとした食感は私好みでしたが、ラム酒が強すぎるのとあまりにも沢山のものがありすぎて落ち着いて食べることが出来なかったです。

お酒に弱い人と、レーズンが苦手な人、色々な味がごちゃ混ぜになっているのが苦手な人にはあまりおすすめ出来ません。

サンドの部分は文句なしに美味しいのですが中身が残念な感じです。純粋にバタークリームだけのサンドが食べたかったです…。

これは良くも悪くも好みがはっきりと分かれるお菓子ですね。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したマルセイバターサンドは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトで購入することが可能です。

ちなみに私は、北海道のお土産を専門に扱っている北海道お土産探検隊というサイトからお取り寄せしました。北海道のお土産なら、Amazonや楽天市場よりも探しやすいのでとても重宝しましたよ♬

北海道お土産探検隊

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(2.0)
甘さ
(2.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(2.0)

バター、ココア、アーモンド、ラム酒、レーズンと様々なものが含まれているにも関わらず全ての味を感じ取ることが出来る点はとても感心しました。見事にどの味も押し潰されずに生き残っていますからね。

でも、個人的にはこれがあまり美味しいと思わない原因になってしまったようです。色々な味が感じ取れるのは良いんですが、1つの味に集中することが出来ないので落ち着いて食べることが出来ないんですよね。

これは何の味だろう?これは何だろう?と常に考えながら食べている感じ。これが1種類や2種類だけの味ならこうはならなかったはずです。

サンドの部分はとても美味しかったので、純粋なレーズン、ラム酒、ココア、アーモンドなどがない六花亭さんのバターサンドが食べてみたいですね。残念ですけど、このバターサンドだと私のお口には合いません…。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す