お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【沖縄のお土産】ミニ源氏塩キャラメルパイのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するミニ源氏塩キャラメルパイは、とにかく賞味期限がめちゃくちゃ長いです!!こんな長いのかとびっくりしました!

普通のお土産だったら早くて2週間、日持ちするものでも2か月あればいい方なのですが、ミニ源氏塩キャラメルパイは何と約8か月!!これは日持ちするお土産を探している人にはもってこいではないでしょうか。

このお土産が美味しいとか美味しくないとかは抜きにしてね…。今回は最強の賞味期限を誇るお土産について詳しく紹介していきますね!

ミニ源氏塩キャラメルパイについて

ここでは、ミニ源氏塩キャラメルパイの賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値についてテーブルで詳しくまとめておきます。

名称 パイ 
品名 ミニ源氏塩キャラメルパイ 
価格  ¥648
原材料名 小麦粉、マーガリン(乳成分、大豆を含む)、砂糖、キャラメルパウダー
ローストミルクペースト、食塩(北谷の塩100%)、醸造酢
モルトエキス、トレハロース、香料、カロチン色素 
内容量 25枚(個包装) 
賞味期限 約8か月(商品到着が11月3日で賞味期限が翌年の7月) 
保存方法  直射日光、高温多湿の場所を避けて保存する
販売者 オキコ株式会社 SL
〒903-0203
沖縄県中頭群西原町字幸地371番地 
TEL:0120-47-5521
栄養成分表示
1枚(標準5g当たり)
エネルギー 26kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 1.4g
炭水化物 3.1g
ナトリウム 19mg
食塩相当量 0.05g

ミニ源氏塩キャラメルパイの開封と食べた感想

ここからは、ミニ源氏塩キャラメルパイの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがミニ源氏塩キャラメルパイの外箱です。

沖縄の名物的存在であるシーザーが描かれていますね。ハートの形をした穴から中身が少し見えるのはお洒落な演出だと思いました。

裏面も特に変わらず、表面が横表示になっただけですね。

側面にあるOPENの部分から箱を開けていくことが出来ます!

塩キャラメルパイは大きな透明の袋の中に入っています。

ちゃんと25個入っているのか確かめておきました!大丈夫そうです!

ミニ源氏塩キャラメルパイが入っている袋を1つ手に取ってみました!

裏面には原材料に含まれるアレルギー物質が載っています。小麦、乳、大豆ですね。

名前にミニと付いているだけあってとても小さいです!

そんなにお口が大きくない私でも一口で食べれるサイズでした。いつでも食べれる気軽さは良いのですがやはり物足りなさは否めません。

とはいえ、そういったことをコンセプトにしているお土産なのでそこに大して文句を言うのは何か違う感じがしますね。

ハートのような形をしていて見た目はとても可愛らしいです!女の子に好まれそうなデザインですね。

塩キャラメルということで、塩気があるのかな?と思いきや塩気は全くと言って良いほどなく、甘さが控えめだな。と思ったくらいでした。

特徴が少ないお菓子ですし、特別美味しい訳じゃないので、残念ながら今後リピートすることはなさそうです…。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したミニ源氏塩キャラメルパイは、Yahoo!ショッピング、楽天市場など誰もが知っている通販サイトや、おきなわ屋 ONLINEなど沖縄のお土産を専門に扱っているサイトからお取り寄せすることが出来ますよ!

沖縄限定!と外箱にデカデカと書いてありますが、沖縄以外でも簡単に手に入れることが出来るってことですね。ありがたいのか残念なのか…。

おきなわ屋 ONLINE

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(2.0)
甘さ
(1.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

私がキャラメルパイの味が好きじゃないだけで悪くないお土産だとは思いました!特徴はあまりないですが、一口で食べれるサイズで甘さ控えめなのでいくらでも食べてられるって点はとても良いです。

個人的にはもう少し味が強い方が美味しいかな?とは思いましたが、あっさり味が好きな人には好まれる味なんでしょうね…。塩キャラメルパイとのことですが、甘さが控えめなだけで肝心の塩気はほとんどないです!

塩キャラメルというのなら、もう少し塩気は強調するべきだと思いますね。食感に関しては非常にサクサクとしていて安っぽさは感じられませんでした!

個人的にはこの食感だけが食べる理由になっていましたね。少し辛口になってしまいますが、甘さ控えめの普通のキャラメルパイだなって感じです。

少なくとも、また食べたい!美味しい!と思えるものではありませんでした。こういった系統で特徴を出していくのは難しいと思いますが、もっと食べた人に印象付けられるように頑張って欲しいですね。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す