お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【愛知(名古屋)のお土産】ナビエールのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回の記事では名古屋土産のナビエールについて詳しく紹介していきたいと思います。販売元は、きよめ餅やフリアンのお菓子で知られているきよめ餅総本家です。名古屋に住んでいる方は聞き覚えがある方も多いのではないでしょうか?

私は以前にきよめ餅とフリアンの両方を実際に食べて記事にしています。よろしければこちらも併せてご覧ください。

ナビエールについて

ここでは、ナビエールの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称 菓子
品名 ナビエール 
価格 ・¥910(7個入)
・¥1,750(14個入)
・¥2,660(21個入)
原材料名 砂糖、小麦粉、バター、卵、杏ジャム、ブランデー
ラム酒、レモン、ベーキングパウダー、バニラオイル 
内容量 7~21個 
賞味期限 約1か月(商品到着が12月9日で賞味期限が翌年の1月4日)
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 
販売者 株式会社きよめ餅総本家
名古屋市熱田区神宮3-7-21 

ナビエールの開封と食べた感想

ここからは、ナビエールの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがナビエールの外箱。ブランデーミニケーキなどと全く同じ包装紙に覆われていました。販売元が同じきよめ餅総本家だからですね。

底面に賞味期限や保存方法などの詳細が載っていました。賞味期限は約1か月。短めですが、7個入りなので食べきれないということはないと思います。

反対側に透明のセロハンテープが貼ってあるのでこれを剥がして包装紙を剥がしていきます。

包装紙を剥がして中の箱を取り出してみました。

箱の中には小さな紙が同梱されていました。この紙にはナビエールをはじめとしたきよめ餅総本家で販売されているさまざまなケーキが載っています。

こちらが箱の中身です。

1つだけ手に取ってみました。

ということで実際に食べてみました。結構辛口になってしまいますが、際に食べた上での素直な感想になります。

まず味。一言で言うと中途半端です。レモンの味なのか杏子の味なのか、何の味を食べさせたいのか良く分からないようなものでした。生地はとてもパサパサとしていてずっと食べていたいと思えるほどの魅力はありませんでした。

せめて味か食感かどちらかに力を入れたお菓子だったら救いようがあったのですが。パサパサとした生地がしっとりとしているだけで印象はガラリと変わるはずなので、上から目線で申し訳ないですが、もっと頑張って欲しいなと思います。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したナビエールは、名古屋のお土産を専門に扱っているおみやげパークや、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどからお取り寄せすることが可能です。

おみやげパーク

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(2.5)
甘さ
(1.5)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

レモンのような杏子ジャムのような正直言ってしまいますと、何の味を主張させたいのか良く分からないものでした。レモンならレモン!杏子なら杏子!と一つの味だけを追求した方が結果として多くの人に喜ばれると思うんですけどね。

結局どっちつかずになってしまうと、レモンが好きな人も杏子が好きな人も良い印象を抱かなくなってしまいますから。私はレモンが好きですけど別に杏子だって良いんです。

中途半端がダメということです。辛口になってしまって申し訳ありませんが、全体的に味も食感もパッとしないお菓子だなと思いました。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す