お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【石川(金沢)のお土産】鍔もなかのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介する鍔もなかは、中田屋が販売している和菓子です。最中系のお土産は数えきれないほどあり、差別化するのが難しい状況になっています。

とは言え、きんつばやふくうめであれだけのインパクトを出せる中田屋ですから、今回も他のお土産屋とは違った一線を画す最中が期待出来そうな気がします。

鍔もなかについて

ここでは、鍔もなかの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称 和菓子
品名 鍔もなか
価格 ・¥1,512(10個入箱)
・¥2,332(15個入箱)
・¥3,024(20個入箱)
・¥4,536(30個入箱)
原材料名 砂糖、小豆、水飴、還元澱粉糖化物
最中種(餅米)、寒天、トレハロース 
内容量 10~30個
賞味期限 約10日(商品到着が1月12日で賞味期限が1月22日)
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する
販売者 (株)中田屋
金沢市元町2丁目4-8
TEL:076-252-4888

鍔もなかの開封と食べた感想

ここからは、鍔もなかの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

こちらが鍔もなかの外箱。紫色の包装紙に覆われていました。私が知っている限りでは中田屋のお土産はこの包み紙で統一されているみたいです。

裏面には賞味期限や保存方法などが載っていました。

鍔もなかの賞味期限は10日程度です。今回は10個入だから良かったですが、30個入を買った日には食べきれない人が続出しそうです。と言っても、そんな個数を買うのは大人数で食べる人がほとんどでしょうけどね。

包装紙を剥がして中の箱を取り出してみました。どのお土産にも共通してある中田屋の家紋?ときんつば中田屋の文字が銀色で刻印されていました。

ちなみに、上の画像だと白い箱にみえますが、実際はクリーム色に近い色をしていましたよ。私の撮影技術がないために色が実際とちょっと違っています。

箱を開けると銘菓のしおりが同梱されていました。

この中にはふくうめや花綿のぼうしなどの商品の詳細が載っています。恐らく、期間限定のお土産を含めて中田屋で販売されているお土産の全てが載っているはずです。

こちらが箱の中身です。今回は10個入を購入しました。

実際に1つ手に取ってみました。中田屋の家紋は非常に重みがありますね。

裏面には賞味期限や保存方法などの詳細が載っていました。

袋から出して手に取ってみました。ここで既に若干ですが他のもなかとは違う感じがしました。多くの最中は外側の生地がガサガサとしているのですが、中田屋の最中はがさつく感じがほとんどなく、とてもスベスベとしていました。

ということで実際に食べてみました。

まず上の写真をみてもらえれば分かると思うのですが、中に入っている粒のサイズが半端なく大きいです。私は最中のお土産を恐らく10個くらいは食べてきましたが、ここまで大きな粒が入っているものは1つもありませんでした。

本来つぶ餡はこうあるべきだと私は思いますね。

また、甘さもちょうど良くてしつこさは全くありません。と言っても控えめな甘さという訳でもないんですよね。甘いんですけど、甘すぎるものが苦手な私でも違和感なく食べれるくらいなんです。このクオリティなら10個で1,500円出す価値がありますね。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した鍔もなかは、販売元である中田屋のオンラインショッピングからお取り寄せすることが可能です。中田屋には期間限定で販売されているお土産が多数ありますが、鍔もなかに関しては、定番のお菓子として年中販売しているので早く食べなきゃ!と焦る必要はないですよ。賞味期限が短いのはネックですが…。

きんつば中田屋公式ホームページ

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(4.0)
甘さ
(2.5)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(4.0)

今まで食べてきた最中のお土産とは餡の腰が全然違うなと思いました。

それと今回の鍔もなかはつぶ餡だったのですが、きんつばなどと同じように粒1つ1つのサイズが大きくて食べ応えがありました。周りの生地が厚すぎて中の餡の量が少ないということもなく、これ1つかなり空腹が満たされるんじゃないかな?と思います。

もちろん、中田屋で販売されているお土産全てがパーフェクトな美味しさという訳ではありませんが、きんつば、ふくうめ、そして今回紹介した鍔もなかに関しては文句の付け所がありませんね。和菓子が大好きな人は是非是非中田屋のお土産を食べてみてください。

絶対にびっくりされると思うので。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す