お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【新大阪駅のお土産】おおさかシティーウォークのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

おおさかシティーウォークは、新大阪駅をはじめとした大阪周辺で販売されているお土産です。おおさか名物を見て食べるんやったら、フワフワカステラのおおさかシティーウォークと、自信満々に外箱の表面に載っていますので、かなり期待出来るんじゃないかと思います。ハードルを上げてるつもりはありません…。

おおさかシティーウォークについて

ここでは、おおさかシティーウォークの賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値についてテーブルで詳しくまとめておきます。

名称 半生菓子
品名 おおさかシティーウォーク
価格 ¥540
原材料名 鶏卵、砂糖、小麦粉、ショートニング、植物油脂
還元水飴/乳化剤(大豆由来)、膨張剤 
内容量 250g 
賞味期限 約1か月(商品購入が12月22日で賞味期限が翌年の1月28日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて室温で保存する 
販売者 株式会社大阪の味本舗
〒545-0005 大阪市阿倍野区三明町1-6-12
TEL:0120-288-170 
栄養成分表示
(製品100g当たり)
エネルギー 336kcal
たんぱく質 6.2g
脂質 10.8g
炭水化物 53.6g
食塩相当量 0.2g

おおさかシティーウォークの開封と食べた感想

ここからは、おおさかシティーウォークの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがおおさかシティーウォークの外箱。正方形の形をしていて表面にはおおさか名物を見て食べるんやったらフワフワカステラのおおさかシティーウォークでっせ。の文字。

カラフルな文字色なので一度見たら忘れることはなさそうです。私は300以上のお土産を食べてきましたが、それでも忘れないと思います。

裏面には、賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値が載っていました。

箱を開けてみました。シンプルに袋詰めされているのですね。

箱の中にはおおさかシティーウォーク以外に責任票の紙が同梱されていました。

透明の袋は、上部に切り口があるのでここから開封していきます。

おおさかシティーウォークは、ほんまや、すきやねん、ええねん、まいどの4種類の文字がカステラ生地の表面に刻印されています。

よくあるパターンですが、これすらないお土産も沢山あるので、良心的な方かと思います。これだけ関西弁が表面に刻印されていれば、大阪のお土産だと実感出来ますよね。

味も食感も可もなく不可もなくといった感じ。中にはカスタードクリームなどの甘いものも入っていないので、ひたすらカステラ生地のほんのりとした甘さがするだけです。

アクセントになる味がないので、人によってはすぐに飽きてしまうかもしれません。540円という値段を考えるとこれ以上求めるのは酷ですね…。

通販サイトで購入することが出来る

私が知る限り、楽天市場でしか販売されていませんね。ですが、楽天市場と言っても販売元である大阪の味本舗が販売しているので心配は無用です。

ちなみに、おおさかシティーウォークに関しては知人に購入してもらったので詳細は不明ですが、パントリー新大阪店で購入したことだけは分かっています。参考までに。

楽天市場

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(1.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

カステラ生地のお土産は、ほとんどが中にこし餡が入っていたり、つぶ餡が入っていたり、カスタードクリームが入っていたり、、何かしら味が付いているパターンが多いのですが、今回のおおさかシティーウォークに関しては、全く味はありませんでしたね。

正確にはカステラ生地以外の味はない。ということです。カステラ生地のほんのりとした甘さはあるのですが、他に邪魔する味が一切ないのでこれはこれで良いと思いました。

ただし、シンプル過ぎるお菓子なので何かアクセントになる甘さがないと嫌だ。という人には食べるのがキツイかと思います。実際に私も、全部同じカステラ生地の味だけでなく、カスタードクリームやこし餡などの味があった方が面白いな。とは思ったので。

少なくともめちゃくちゃ美味しいじゃん!と発狂するお菓子ではありませんね。淡々と食べるタイプのお菓子です。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す