お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【奈良のお土産】はちみつバウムクーヘンのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

どう見ても阿蘇はちみつバウムクーヘンと同じ商品にしか見えないのがこのしかまろくんのはちみつバウムクーヘン。

違う点と言えばしかまろくんの絵が包装紙に描かれていることくらいで他はほとんど同じです。これだけ似ていると販売元や味まで同じ可能性もありますね。

はちみつバウムクーヘンについて

ここでは、はちみつバウムクーヘンの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやタンパク質などの数値は公表されていませんでした。

名称 焼菓子 
品名 はちみつバウムクーヘン 
価格 ¥648
原材料名 ショートニング、小麦粉、鶏卵、砂糖、コーンスターチ
はちみつ(国産)、ソルビトール、乳化剤、香料、着色料
(クチナシ)、酸化防止剤(トコフェロール)
(原材料の一部に乳成分、大豆を含む) 
内容量 12個 
賞味期限 約2か月(商品到着が11月18日で賞味期限が翌年の1月30日)
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 
販売者  芳月堂 FU
代表者:芳田 久嗣
奈良県奈良市法蓮町738
TEL:0120-39-1246 

はちみつバウムクーヘンの開封と食べた感想

ここからは、はちみつバウムクーヘンの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがはちみつバウムクーヘンの外箱。黄色を基調としたデザインで奈良のマスコットキャラクターしかまろくんが描かれています!

裏面には賞味期限や保存方法が載っています。

包装紙を剥がすと真っ白な箱が出てきました。何もデザインがないのは残念ですね。しかまろくんがいるだけで大分雰囲気が違うと思うのですが。

箱を開けるとはちみつバウムクーヘンが12個入っています。品質を保持するためか透明のビニール袋に閉まってありました。

透明のビニール袋を破って中に入っているはちみつバウムクーヘンを取り出していきます。

思った以上に小さなバウムクーヘンです。ちなみにこの袋に入った状態でもはちみつの匂いらしくものは漂ってきます!

袋から取り出してみました。

外の生地の部分は少しカリカリとしていてこれはとても満足出来ました。私好みですね!

対して中に入っているはちみつのクリーム?はとても微妙です。

恐らくはちみつとクリームの味が混ざったものなので、何を主張したいのかよく分からないことになっています。正直、このクリームを抜いてその生地だけで販売した方が人気が出たと思います!生地は本当に美味しいんですよ。

それかはちみつかクリームか、どちらかだけの味にして欲しかったですね。

何かと何かの味を組み合わせたようなお菓子で、めちゃくちゃ美味しかったものはあまり出会えたことがないので、今後もこういうものにはあまり期待しないことにします…。勉強になりました。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したはちみつバウムクーヘンは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトでは購入することが出来ません。

Amazonに関しては、阿蘇のはちみつバウムクーヘンは販売されていましたがしかまろくんのバウムクーヘンはなかったですね…。

でも購入を諦める必要はありません。奈良のお土産を専門に扱っている鹿屋というサイトからお取り寄せすることが可能なのです。他にも奈良のお土産が多数販売されていますので、興味がある方は是非覗いてみてください。

鹿屋

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(2.0)
甘さ
(3.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(2.0)

まずいとかではないですし、正直美味しいとも思わなかったです…。なんだろう。はちみつとクリームの相性が悪いのかもしれません。

この2つの味が組み合わさって何とも言えない味になってしまっています…。とても癖の強い感じです。はちみつならはちみつ。クリームならクリームと味をしっかり1種類に絞るべきだったと思います!

1か月半くらいで200以上のお土産を食べてきましたが、沢山の種類の味が混ざっているお菓子って美味しいと思えないことが多いんですよね…。

逆にごちゃごちゃになっていて何の味を主張したいのか分からなくなってしまっているんです。とは言え、好みは人それぞれ。

色々な味が混ざっているお菓子が好きって人もいると思うので、そういった方にはおすすめかもです。私には理解しがたい領域なのではっきりしたことは言えないです。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す