お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【沖縄のお土産】タコライスせんべいのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

タコライスというと沖縄の名物的存在ですよね!にもかかわらず、実は私タコライスを食べたことがないのでどんな味か全く知らないんです。

高校二年生の時に修学旅行で沖縄に行きましたが、その時はパイナップルハイチュウに夢中で他のお土産が全く見えてなかったんですよね…。

ということで、初めてのタコライス!おせんべいという形ではありますが、非常にドキドキしています。

タコライスせんべいについて

ここでは、タコライスせんべいの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称 油菓子 
品名 タコライスせんべい
価格 ¥648
原材料名 でん粉、植物油脂、牛肉、トマトソース、えび、チリ風味粉末
チリソース、砂糖、食塩、大豆たん白、果実酒、水あめ、ポークエキス
ガーリック、香辛料、、ビーフエキス、発酵調味料、しょう油、たん白加水分解物
にんにく風味粉末、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、トレハロース
酸味料、甘味料(ステビア)、着色料(パプリカ色素、紅麹、カラメル色素)
酸化防止剤(ローズマリー抽出物) 、香料
(原材料の一部に乳成分、小麦、鶏肉、ごまを含む) 
内容量 100g 
賞味期限 約4か月(商品到着が11月9日で賞味期限が3月10日) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 
販売者 株式会社ナンボーNI
沖縄県那覇市曙3丁目21番2号
TEL:098-867-7902 

タコライスせんべいの開封と食べた感想

ここからは、タコライスせんべいの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがタコライスせんべいの入っている紙袋です。

意外としっかりしている厚みのある袋なので、多少雨に濡れてもビクともしないんじゃないかな?と思います。

テープを剥がして袋を開けていきます!

中にはコーンフレークのような銀色の袋が入っています。この中にタコライスせんべいが入っている訳ですね。

早速開けてみました。やはりおせんべいというよりはチップスの方が感覚的には近い感じがします。

実際に食べてみました!

初めてのものだったので凄く警戒していたのですがとっても美味しかったですし、ちょっとした中毒になってしまいました。

この記事を書いている時もタコライスせんべいをつまみながらでしたし、手が空いた時についつい食べたくなってしまう身近な味に仕上がっています!

一番近いな、と思ったお菓子がドンタコスです。私ドンタコス凄い好きなんですよね。あのピリッとした辛さが癖になります。

で!ドンタコスよりは少し辛さが抑えられているような感じはしますが、基本はドンタコス(チリタコス味)と同じような感じですね!

もちろん食感はあれとは違うものですが、ドンタコスとタコライスせんべいが同じ値段で販売されていたら、どっちを購入するか迷うくらいタコライスせんべいも魅力的に感じましたよ!是非機会があればもう一度食べてみたいです♬

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したタコライスせんべいは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの主要な通販サイトや、沖縄のお土産を専門に扱っている琉球本舗やおきなわ屋 ONLINEなどからお取り寄せすることが可能ですよ!

私はおきなわ屋 ONLINEで購入しました。1万円以上なら送料無料になるのが嬉しいです!(1万円以上購入しましたので。)

おきなわ屋 ONLINE

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(4.0)
甘さ
(1.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(4.0)

初めてのタコライスということでとてもドキドキしていましたが、本当にめちゃくちゃ美味しかったです!おせんべいとは言いますが、これはほぼポテトチップスのようなものですね。

一口で食べれるサイズなのでバリバリといつまででも食べれてしまう中毒性があります…。めっちゃ美味しいのである意味危険です。

味については初めてのものなので表現が難しいのですが、個人的にはお菓子のドンタコスに近いものを感じましたね。

スパイシー感も少しはありましたし、続けて食べていると少しピリッとした辛さが喉の奥あたりに感じました。

あまりにも辛いものは食べる気が失せますが、このくらいの自然な辛さであれば何も問題ありませんね。飲み物がなくても一気に食べることが出来そうです!

辛いの苦手な人にもおすすめです!

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す