お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【新大阪駅のお土産】たこ焼風味キャラメルのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

なんで12月31日から1月2日まで更新を休んだかと言いますと、それは親戚付き合いで忙しくて、いやー付き合いがあると困りますよね…。

と言いたいところなのですが、私は親戚付き合いを全くしないので、単なる休暇という名のサボりです。言い訳のしようがありませんし誰でもない私の怠慢です;

サボり明けの初めに紹介するお土産は、新大阪駅で販売されていたたこ焼風味キャラメルです。キャラメルと言えば甘~い印象がありますので、濃い味のたこ焼味と合うのか微妙なところですが、普段食べることが出来ないものなので少しワクワクしています。

たこ焼風味キャラメルについて

ここでは、たこ焼風味キャラメルの賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値についてテーブルで詳しくまとめておきます。

名称 キャラメル
品名 たこ焼風味キャラメル
価格 ¥216 
原材料名 水あめ、加糖練乳、砂糖、植物油脂、小麦粉、食塩
/ソルビトール、乳化剤、カラメル色素、香料、香辛料抽出物
(一部に乳成分、小麦、ごまを含む)
内容量 18粒 
賞味期限 約9か月(商品購入が12月22日で賞味期限が翌年の9月) 
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて涼しい場所で保存する 
販売者 戎大黒本舗
〒564-0044
大阪府吹田市南金田2-14-35
TEL:06-6388-5854
栄養成分表示
1箱(標準72g)当たり
エネルギー 303kcal
たんぱく質 1.7g
脂質 6.6g
炭水化物 59.3g
食塩相当量 0.21g

たこ焼風味キャラメルの開封と食べた感想

ここからは、たこ焼風味キャラメルの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがたこ焼風味キャラメルの箱です。このくらいのサイズの箱は50円前後のお菓子でよく見かけますよね。大阪限定!という文字にたこ焼きの写真が載っています。

裏面には保存方法や原材料などが載っていました。

側面にはカロリー、たんぱく質などの数値や賞味期限が載っています。たこ焼風味キャラメルの賞味期限は約9か月とめちゃめちゃ長いですが、涼しい場所で保存することが条件になっていますので、夏場は要注意ですね。冬場は神経質になることはありません。

箱はスライド式になっていました。中の引き出し部分を取り出すとキャラメルが18粒入っていました。2列になっており10粒と8粒に分かれています。なぜ9粒ずつにしなかったのかは良く分かりませんね。10と8ではどう考えても中途半端だと思います。

包み紙がある状態で手に取ってみました。色は茶色でコーヒーのようなコーラのような色合いをしていますね。

ということで実際に食べてみました。

食感に関しては、弾力から何から何まで普通のキャラメルと何ら変わりありません。そして、重要な風味と味ですが、これはどちらもたこ焼をしっかり感じることが出来ました。

もちろん、タコが中に入っているとかはないのですが、食べれば、あーこれはたこ焼の味だなと、事前予告がなくても気付くことが出来ます。

が、やはりというか、たこ焼の味はキャラメルとの相性が悪いです。コーヒーとかヨーグルトとかコーラとかそういう甘いものとの相性がキャラメルは良いんですよね。

なのに、何も甘さがない濃いだけのたこ焼味との組み合わせなので、そりゃあまり美味しくないですよねって話です…。酷評ですみません。

通販サイトで購入することが出来ない

私が確認した限りでは、通販サイトで購入するのは厳しいみたいです。Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングと主要な通販サイトを調べてみましたが全滅…。品質はさておき、そこそこ希少価値が高いということになりますね。

私は知人に購入してもらったのですが、新大阪中央口店のセブンイレブンで販売されていることをレシートにて確認出来ています。お近くにお住いの方でたこ焼風味キャラメルに興味を持たれた方は是非足を運んでみてください。

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(2.0)
甘さ
(1.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(2.0)

全てが想像通りだった気がします…。やっぱりどう考えても実際に食べてみてもキャラメルにたこ焼の味は絶対合わないです…。

キャラメルは甘いから良いんであって甘くないキャラメルはキャラメルじゃないです。いや、確かにほんのりとした甘さはあるんですが、それにたこ焼の味が組み合わさって何とも言えない微妙な味になってしまっているのです。

やっぱりたこ焼は暖かい方が良いですし、100歩譲ってもスナックとかおせんべいとかそういったお菓子にするのであれば分かるんですけどね。

キャラメルとか飴玉とかにしちゃった日には、恐らく美味しく食べれる人はあまりいないと思います。大阪=たこ焼きのイメージが強いので、たこ焼の味をとりあえず出しておこう。という感じにしか思えなかったです。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す