お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【羽田空港第1旅客ターミナルのお土産】帝国ホテルのスティックチョコレートのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

帝国ホテルは実際に泊まったことがない私でもその名を知っているくらいで、帝国ホテルにチョコレートのお土産があることも何となく知っていました。

なので、今回はその憧れの帝国ホテルのチョコレートが食べれる!ということでワクワクドキドキしています。どんなチョコレートなのか開封前から楽しみです!

帝国ホテルのスティックチョコレートについて

ここでは、帝国ホテルのスティックチョコレートの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称 チョコレート
品名 スティックチョコレート(TA-10L) 
価格 ¥1,080
原材料名 カカオマス、砂糖、ココアバター
全粉乳、乳化剤(大豆由来)、香料 
内容量 9個(104g) 
賞味期限 約10か月(商品購入が1月15日で賞味期限が11月) 
保存方法 直射日光を避けて25℃以下の涼しい場所で保存する 
販売者 株式会社帝国ホテル TAS
東京都千代田区内幸町1-1-1 

帝国ホテルのスティックチョコレートの開封と食べた感想

ここからは、帝国ホテルのスティックチョコレートの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

こちらが帝国ホテルのスティックチョコレートの外箱。私が購入したものは上の画像の通り黒い重厚感のある包装紙に包まれていました。

裏面には賞味期限や保存方法が載っています。帝国ホテルのスティックチョコレートの賞味期限は約10か月と私が紹介してきたお土産の中でもかなり長い部類になります。

包装紙を剥がすと黒い箱が顔を見せてくれます。この黒はツヤツヤとしておりとても反射します。指紋は残りにくいですね。

箱を開けると帝国ホテルのスティックチョコレートを美味しく食べる方法が書かれた紙が同梱されていました。冷蔵庫で保管するより室内の涼しい場所で保存した方が安全みたいですね。冬場は良いですが、夏場は保管場所に注意しないといけません。

こちらが箱の中身です。9個入りですね。キリの良い10個ではなく9個というところが引っかかりますが何か意味があるのでしょうか。

黒色とクリーム色のデザインの2種類が入っていました。ちなみにこの包み紙は結構剥がしづらいです。見た目はとても高級感があって良いんですけど、見た目だけでなく剥がしやすさももう少し考えて欲しかったかなと。

包紙からチョコレートを取り出してみました。上の画像の通り包み紙だけでなく中身のチョコレートもそれぞれ全く違うものです。

ということで、実際に食べてみました。

一口食べて思ったことは、、何だこれ。普通のチョコレートじゃん。というよりチロルチョコレートとあまり変わらないじゃん。と失礼ながら思ってしまいました。

味はほろ苦さがあるビターチョコレートです。ただし、苦すぎるものが苦手な私でもあまり違和感を感じることなく食べれるくらいなので、小さな子供でも美味しく食べれると思います。食感はカリカリっとしています。

お世辞にも、最上級のチョコレートとは言い難く、味に関してはその辺のスーパーやデパートで販売されているチョコレートと何ら変わりありません。

正直、もう少し別次元のチョコレートだと思っていたのであまりに普通過すぎてガッカリしてしまいました。高級感のある見た目からの普通すぎるチョコレートは、ギャップがありすぎますね。何か一工夫欲しかったです。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した帝国ホテルのスティックチョコレートは、販売元である帝国ホテルのオンラインショップや、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどからお取り寄せすることが可能です。私は羽田空港第1旅客ターミナル内にあるフライトショップで購入しました。昼過ぎに行ったのですが、店内はガラガラで購入しやすかったです。

 

帝国ホテルのリンクを貼りたいところなのですが、リンクを貼る前に連絡する必要があるみたいなので、今回は控えておきます。興味のある方はYahoo!やGoogleなどから検索してみてください。

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(3.5)
苦さ
(1.5)
外箱のデザイン
(4.0)
おすすめ度
(3.0)

2種類のチョコレートが入っているんですけど、私にも2つとも同じ味に感じました。見た目は全く異なるチョコレートなんですけどね。食べる人が食べれば別の味だと気付くのでしょうかね。凡人の私には全く理解出来ない領域でした。

チョコレートの味もチロルチョコとまではいいませんが、それに近いレベルの味でごく普通の甘いチョコレートにしか感じませんでした…。

決して帝国ホテルのお菓子を貶している訳ではないのですが、私個人としてはありふれたチョコレートだなという印象なんですよね。チョコレートで差別化するのはそれだけ難しいことなのでしょうかね?

ただし、外箱の落ち着きのあるデザイン、高級感のある包み紙など、安物のチョコレートとは全く雰囲気が違うので、この雰囲気、空気感を楽しみたい。

という人にはおすすめしたいです。一般的なチョコレートの味には満足出来ない。別格の最上級のチョコレートを食べてみたい。という人にはおすすめ出来ません。正直普通過ぎてガッカリされるかと。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す