お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【東京駅TOKYO Me+のお土産】東京黒糖ひよ子のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介していく東京黒糖ひよ子は、期間限定のお土産ですが、いつまでの販売になるかは公式サイトをみても確認することが出来ませんでした。今12月で冬なので、私の予想では冬限定のみの販売になると思っています。

東京黒糖ひよ子について

ここでは、東京黒糖ひよ子の賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称 菓子 
品名 東京黒糖ひよ子 
価格  ・¥756(5個入)
・¥1,080(7個入)
・¥1,620(11個入)
原材料名  白餡(隠元豆)、小麦粉、砂糖、黒糖、水飴、卵
バター、還元水飴、ぶどう糖、ソルビトール、膨張剤
内容量  5~11個
賞味期限  約10日(商品購入が12月18日で賞味期限が12月29日)
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて涼しい場所で保存する 
販売者 株式会社 東京ひよ子 S
東京都台東区上野二丁目7番7号
TEL:03-3835-0145 

東京黒糖ひよ子の開封と食べた感想

ここからは、東京黒糖ひよ子の開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これが東京黒糖ひよ子の外箱。包装紙に覆われている状態です。背景は真っ黒、可愛いひよこのデザインが描かれています。

裏面には賞味期限や保存方法などが載っていました。東京黒糖ひよ子の賞味期限は約10日。かなり短いので計画的に食べていく必要があります。個数が少ないので大丈夫だと思いますが…。

包装紙を剥がして中の箱を取り出してみました。中の箱は真っ黒ではなく黄土色のような背景になっています。

箱を開けると東京黒糖ひよ子の詳細が記載されている紙が同梱されていました。

こちらが箱の中身です。今回購入したのは7個入のものです。

この角度からの写真だと少しおにぎりも見えなくない形をしていますね。少なくともひよこの形には見えません。

包み紙を取って中に入っている東京黒糖ひよ子を取り出してみました。きちんとひよこの形をしていました。中には黒糖の餡が入っていました。

若干パサパサ感はありましたが、気にならないで甘さもくどい甘さではなかったので比較的食べやすかったです。一番美味しかったのは外側の茶色の生地の部分でしたけどね。ところで黒糖は沖縄産のものなんでしょうかね?沖縄以外で黒糖はほとんど生産されていないと思いますが…。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介した東京黒糖ひよ子は、販売元である株式会社東京ひよ子の公式サイトからお取り寄せすることが可能です!ちなみに私は、通販サイトではなく東京駅構内にあるTOKYO Me+で購入しましたよ!

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(2.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

黒糖ひよ子というネーミングからどんなお土産か想像するのは難しいと思いますが、簡単に言ってしまえば黒糖あじのおまんじゅうです。

黒糖の味をしっかり感じ取ることが出来ました。思っていたよりはくどい味ではありませんでしたが、黒糖であることには変わりがないのでかなり甘さが強調されていました。飛び跳ねるほど美味しい訳でもなくまずいとかではなく、普通にある分は全部自分で食べたいくらいには美味しいです。

が、私は黒糖の甘さはそこまで好きじゃないので、また食べたい。とは思えませんでしたね。甘党の方や黒糖の味、甘さが強調されたおまんじゅうが好きな人にはおすすめのお土産です!黒糖の甘さとチョコレートの甘さは全く違うものなので、黒糖系を食べたことがない人にはおすすめ出来ません。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す