お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【北海道のお土産】とうきびチョコのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するとうきびチョコは通常の味以外にも入ミルクやプレミアムの味があります!今回紹介するのは一番スタンダードなものになります。

ちなみに北海道限定と袋の左上に記載されていますが、実際は北海道以外でも手に入れることが出来たりします。

テレビなどのメディアでも紹介される機会が多いですが、そういったものに限って大したことない場合が多いのであまり期待しないせず紹介していきますね…。

とうきびチョコについて

ここでは、とうきびチョコの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやタンパク質などの数値は公表されていませんでした。

名称 チョコレート菓子 
品名 とうきびチョコ 
価格 ¥360
原材料名  とうもろこし、砂糖、ココアバター、全粉乳、アーモンド
乳糖、植物油脂、澱粉、脱脂粉乳、乳化剤、香料、膨張剤
着色料(カロテノイド)、(原材料の一部に大豆を含む)
内容量  10本入
賞味期限 約4か月(商品到着が11月25日で賞味期限が翌年の3月31日) 
保存方法 直射日光を避けて28℃以下の涼しい場所に保存する 
販売者 株式会社ホリ H2
北海道砂川市西1条北19丁目2番1号
TEL:0120-054-315 

とうきびチョコの開封と食べた感想

ここからは、とうきびチョコの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

とうきびチョコに箱はありません。上の画像のように黄色の袋に入っています!

何か日本のお菓子というよりはアメリカンな感じがすると思ったのは私だけでしょうか。とうきびチョコの写真が載っているので、どんなものか分かった上で購入出来るのは嬉しいですね!

袋の裏面には賞味期限や保存方法が載っています!とうきびチョコの賞味期限は約4か月。めちゃ長いです!

左上にある切り口から袋を開けていくことが出来ます!一度開けたら閉めることは出来ませんが、袋の中にそのままとうきびチョコが入っている訳ではないので、この時点で賞味期限を気にする必要はなさそうです。

これが袋の中の様子です。黄色の袋ですが、実際はもうちょっと濃い黄色です。上の画像のように薄い黄色ではないので注意してください。

とうきびチョコを10本全部取り出してみました。

実際に小袋を1つ手に取ってみました。

実際の色合いに近づけるために袋の色を加工しています。少なくともこっちの色合いの方が実物に近いので参考になると思います。

裏面には原材料名などが載っています。賞味期限や保存方法などは載っていません。

小袋から出してとうきびチョコを手に取ってみました。

まさにとうもろこしの塊で作られたチョコレートですね。一口目はグシャっとした食感で食べている時はサクサクとした感じを楽しむことが出来ました。

甘さは特別強い訳ではありませんが弱い訳でもなく、普通に甘いチョコレートですね。これが10本で360円なので一本36円くらい。

特別高い値段ではないですし、むしろお土産として考えたらかなり安いんじゃないかと思います。手軽に購入出来るお土産として人気がありそうです♬

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したとうきびチョコは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトや、北海道のお土産を専門に扱っている北海道お土産探検隊などで購入することが出来ます。私は後者の北海道お土産探検隊からお取り寄せしました。

理由はより沢山のお土産が欲しかったからです。

北海道お土産探検隊

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(3.0)
外箱のデザイン
(2.0)
おすすめ度
(3.0)

決して高級感のあるお菓子ではありませんが、普通に美味しいです!食感が良いですね。単純なサクサクっとした感じではなくグシャっとした感じ。この食感だけで十分食べる価値があります。

甘すぎるものが苦手な私としては少々甘みが強く感じましたが、このくらいなら許容範囲です。これ以上は無理です。

とうきびチョコをよく観察すると、黄色のとうもろこしが入っていることに気付きます。

ああ、本当にとうきびが入っているチョコなんだなと実感出来るのは良いですね。細かくなりすぎて見えなかったら本当にとうきびチョコなの?と疑いたくなりますからね…。

ただ、とうきびが入っていてもほとんど味に変化はないと思います。見た目のアクセントになるだけですね。味にしても食感にしてもとうきびを食べているな。という実感はあまり感じ取れません。

かなり意識すればそれならしき味を感じ取ることが出来ますが、とうきびチョコと分かった上で食べていないと全然気付けないレベルですね。

この記事を書いていて、初めてとうきびがとうもろこしだと知ったのはここだけの内緒です。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す