お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【沖縄のお土産】ちゅらいろ紅芋ラングドシャのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

恐らくですが、ちゅらいろというくらいなので、沖縄で超有名な水族館、沖縄美ら海水族館で販売されているお菓子なんじゃないかな?と想像しています。実際に行ったことがないので真実は闇の中ということで。

どちらにしても、沖縄まで行かなくてもおきなわ屋 ONLINEなどの通販サイトで購入出来てしまうので、希少価値は全くありません…。

ちゅらいろ紅芋ラングドシャについて

ここでは、ちゅらいろ紅芋ラングドシャの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称 菓子 
品名 ちゅらいろ 紅芋ラングドシャ 
価格 ¥756 
原材料名 砂糖、小麦粉、卵白、植物油脂、マーガリン、乳糖、全粉乳
紅芋パウダー、ココアバター、レモン果汁、食塩、香料、乳化剤
着色料(赤色102号、黄色4号、青色1号、赤色106号、カロチン)
酸化防止剤(V.E)、(原材料の一部に卵、大豆を含む) 
内容量 12個 
賞味期限  約4か月(商品到着が11月13日で賞味期限が翌年の3月10日)
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 
販売者 有限会社りゅうほうHMR
沖縄県那覇市具志3丁目23番5号
TEL:098-857-7238 

ちゅらいろ紅芋ラングドシャの開封と食べた感想

ここからは、ちゅらいろ紅芋ラングドシャの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがちゅらいろ紅芋ラングドシャの外箱。包装紙で覆われている状態ですね。ニモみたいなお魚が沢山泳いでいてとても可愛らしいです!

裏面は真っ黒です。賞味期限や保存方法は側面に載っていました。

包装紙を剥がすと白い箱が出てきます!

早速箱を開けてみました。

黄色袋にラングドシャが入っており全部で12個。絵柄が3種類あるらしいんですが、どれが入っているかはランダムとのことです!

ランダムなのに全種類同じ数という奇跡!!本当にランダムなのか疑いたくなっちゃいますね。

3種類とも袋から取り出してみました。

上の画像を見て欲しいんですが、かなり雑な状態のものもいくつか含まれていました。

上と下のサンドする部分が大きくズレていて中が丸見えです…。これを誰が食べたいと思えるのでしょうか。

肝心の食感ですが、ラングドシャ感はあるんですが安っぽさは否めませんでした。味に関しては子供用なんじゃないかと思いたくなるくらい完成度の低いもので、また食べたいとは決して思えませんでした。

これだけ薄い味だと紅芋と言われなければたぶん気付けないと思います。私は紅芋の味だと分かった上で食べていたので感じることは出来ましたが。

子供だったら純粋に美味しく食べてくれそうですが、私のように心が汚れた大人では美味しく感じないでしょうね…。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したちゅらいろ紅芋ラングドシャは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトでは購入出来ません!

ですが、冒頭でもお話したように、沖縄のお土産を専門に扱っているおきなわ屋 ONLINEからお取り寄せすることが可能です!

おきなわ屋 ONLINEは沖縄のお土産に関しては右に出る者がいないくらいの品揃えですので、是非一度チェックしてみてください♬

おきなわ屋 ONLINE

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(2.0)
甘さ
(1.0)
外箱のデザイン
(2.0)
おすすめ度
(1.0)

あんまり言いたくないんですが、真実ですし嘘を付いてもしょうがないので言いますが、色々雑すぎませんか…。

その中でも見逃せない雑さはラングドシャの部分ですね。

上と下がピッタリ合わさっていないから中身が丸見え。こんな状態のお土産を美味しく食べれるとは思えません。

どうしてこの状態で商品化してしまったのか謎なくらいです。もちろん個体差があると思うので、ちゃんとしてるものもあると思いますが、ちゃんとしていないものがあるのは問題ですからね。

味に関しても特別美味しいな。と感じさせてくれるものではありませんでしたね。あまりにも中途半端なので食べるのが少し怖かったくらいです。お土産として売るのであれば最低限のことはちゃんとやって欲しいです。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す