お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【北海道のお土産】ゆきむしスフレのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回はもりもとさんが販売しているゆきむしスフレについて紹介していきますね!今までもりもとさんのお菓子を10個くらいは食べてきましたが、中には好みじゃないものがあるにしても品質が高いものばかりでした。

今回のゆきむしスフレは、名前からして私の好みかつ美味しそうなのですし、実際に商品の写真も見ましたが本当に美味しそうでした。めちゃめちゃ期待しつつ早速紹介していこうと思います。

ゆきむしスフレについて

ここでは、ゆきむしスフレの賞味期限や保存方法、カロリーやたんぱく質などの数値についてテーブルで詳しくまとめておきます。

名称 生菓子 
品名 ゆきむしスフレ 
価格 ¥900
原材料名(一部)  牛乳、クリーム、砂糖、卵、小麦粉
プロセスチーズ、生乳水飴、粉末ゼラチン
洋酒、香料、乳化剤、クエン酸
(原材料の一部に小麦、卵、乳成分、ゼラチンを含む)
内容量  5個
賞味期限 約10日間(商品到着が11月25日で賞味期限が12月3日)
保存方法 要冷蔵(10℃以下) 
販売者 株式会社もりもと
〒066-0051 北海道千歳市泉沢1007-87
TEL:0120-24-4181 
栄養成分表示(1個当たり)
エネルギー 160kcal
たんぱく質 4.3g
脂質 8.6g
炭水化物 16.3g
食塩相当量 0.1g

ゆきむしスフレの開封と食べた感想

ここからは、ゆきむしスフレの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがゆきむしスフレの外箱。ちなみにこの外箱には保存方法や賞味期限は載っていますが、原材料名などは載っていませんでした。

こういったパターンのお土産は200近くのお土産を食べてきて初めてなのですが、賞味期限と保存方法が載っていればOKなんでしょうかね。

これが正面です。

正面にOPENのシールが貼ってあるのでこれを剥がして箱を開けていきます!

箱を開けるとゆきむしスフレが5つ入っています。

ゆきむしスフレとは別に薄青色の紙が同梱されていました。

1つ袋を手に取ってみました。

いつもiPhone6sで写真を撮影しているのですが、なぜかこの袋を撮ろうとすると画面がオレンジ色っぽくなってしまう症状に困り果ててしまいました。

私の撮影方法が悪いのか環境が悪いのか…どう考えても私の撮影方法が悪いとしか思えないですね。

裏面には原材料名やカロリー、たんぱく質などの数値が載っていました。これは外箱に載せておいて欲しい情報ですよね…。

袋は右上にある切り口から開けることが出来ます。

袋から取り出してゆきむしスフレを手に取ってみました。

違う角度からも取ってみました。食べて見ると見た目以上にボリュームがあるのですよ!生地がスカスカでなくギッシリ詰まっているからでしょうね。

中の生クリーム非常にまろやかで美味しいです!

しつこくない甘さなので2つ3つと食べても甘さでしんどくなることはなかったです。というか、3つも食べたのかよ!というツッコミがきそうですが、そうです。今回調子に乗って3つも食べてしまいました…。

生地の部分は単純にしっとりとした食感ではなく、若干もちもちしているんですよね。このもちもちは好みが分かれるところですが、もしなかったら私好みのお菓子だったかもしれないです。もう一押しなんですけどね。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したゆきむしスフレは、販売元であるもりもとの公式オンラインショップからお取り寄せすることが出来ます!

ゆきむしスフレもとっても美味しかったですが、他にも雪鶴、五三かすていらなど美味しいものが沢山揃っています!是非チェックされてみてください。

morimoto-shinya
オンラインショップ

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(2.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

美味しいです!しっとりはもちろんしているんですが、若干もちもちとしたような食感がありました。

ワッフルとチーズケーキのちょうど真ん中あたりの食感ですね。中に入っているクリームが凄く濃厚でチーズの味もしっかり感じ取ることが出来ましたよ。私好みのお菓子だと思っていましたが、少々それとは違う感じ。

やはり食感に少し不満がありますね。確かにふわふわとしていてしっとりはしているのですが、この微妙にもちもちとした感じは要らなかったです。

お口の中に入れたら溶けていくような感じではなく、しっかり噛んでから飲み込んでいく感じでした。まずいとかではないですし、美味しく食べることは出来ますが、また食べたいとは思えないものでした。

やはり以前食べた五山かすていらや雪鶴のパルミジャーノが頭に浮かんでしまって、美味しいのにそれ以上のものを求めてしまいますね…。

完全に贅沢病です。

他のお土産が気になるあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す