お土産を食べたお世辞なしのリアルな感想が見れるのはこのサイトだけです。

【石川(金沢)のお土産】YUKIZURIのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、石川県で販売されている梅味のYUKIZURIになりますが、他にも金箔、富山、福井、兼六園物語など様々な種類があります。中でも、兼六園物語と金箔は限定販売となるため、希少価値が高いです!

また、YUKIZURIと英語表記ではなく雪吊りと呼ばれることもありますが、英語表記の方がカッコいいですね。

YUKIZURIについて

ここでは、YUKIZURIの賞味期限や保存方法などについてテーブルで詳しくまとめておきます。残念ながら、カロリーやたんぱく質などの数値は公表されていませんでした。

名称 焼菓子 
品名 YUKIZURI 
価格 ・¥1,080(10本入)
・¥2,160(22本入)
原材料名 小麦粉、粉糖、マーガリン、米粉(石川産)、バター、砂糖
鶏卵、アーモンドパウダー、梅酒、チョコレート、ショートニング
塩、香料、クエン酸、乳清ミネラル(乳由来)、乳化剤、着色料
(カロチノイド色素)、調味料(アミノ酸)、(原材料の一部に乳、大豆を含む) 
内容量  10~22本
賞味期限 約1か月(商品到着が12月12日で賞味期限が翌年の1月6日) 
保存方法 直射日光を避けて冷暗場所で保存する 
販売者 ルミュゼ ドュ アッシュ (株)レグレット
石川県河北群津幡町庄ヌ39-1
TEL:076-255-0111 

YUKIZURIの開封と食べた感想

ここからは、YUKIZURIの開封と実際に食べていく様子を紹介していきますね!

これがYUKIZURIの外箱。包装紙に覆われている状態です。

裏面には賞味期限や保存方法などが載っていました。

YUKIZURIの賞味期限は約1か月と短めです。個数の多い22個入りを購入した場合は考えながら食べた方が良さそうです。

包装紙を剥がして中の箱を取り出してみました。箱の色はクリーム色ですね。

箱を開けると大きめの紙が同梱されていました。この紙にはYUKIZURIの詳細が載っていました。何とYUKIZURIの売り上げの一部を募金として石川県の文化や子供達のための育成に反映するとのこと。素晴らしいことですね!

それだけYUKIZURIが人気である証拠でもあります。自分が生み出したお菓子に自信があるからこそ出来る行為と言えますね。

YUKIZURIの袋を1つ手に取ってみました。袋は半透明で表面にはYUKIZURIの文字。裏面には賞味期限や保存方法などの詳細が載っていました。

ということで実際に食べてみました。表面は想像よりとても難くカリカリとした食感をしており、中の方はサクサクとしています。

色々な食感が一度に味わえるお菓子なんだなと。そして、今回のYUKIZURIは梅味とのことで、梅の味はしっかりと感じることが出来ました。

これが良いアクセントになっていますね。焼菓子に梅の味ってどうなの?と食べるまでは思っていましたが、案外イケます。

逆に梅の味がなかったら、アクセントになる味がなく地味ーなお菓子になってましたね。結構褒め称えてしまいましたが、本当は結構微妙…だと思ってしまいました。

申し訳ないです。

というのも、YUKIZURIは金沢を代表するほど知名度が高く人気のお土産なのに、言い方は悪いですがこの程度の美味しさなのかと思ってしまったからです。

金沢のお土産を私は沢山食べてきました。

ですが、YUKIZURIより魅力的なものは沢山ありましたので、なぜYUKIZURIがこんなに人気なの?と思ってしまう訳です…。

確かに独特な食感はありましたが、それよりもパサパサとした食感の方が私は気になってしまいました。

通販サイトで購入することが出来る

今回紹介したYUKIZURIは、販売元であるルミュゼ ドュ アッシュのオンラインショップや金沢のお土産を専門に扱っている金沢百番街などからお取り寄せすることが可能です!非常に有名なお土産なので、YUKIZURIを手に入れるために金沢まで足を運ぶ必要はありません。

金沢百番街

最後に

このお土産の評価
美味しさ
(3.0)
甘さ
(2.0)
外箱のデザイン
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

想像したいたよりずっと普通の焼菓子でした。

大きな驚きは一切ありませんでしたね。すみません…。味から食感に至るまで味から食感に至るまでこれは凄い!となる部分がないんですよね。

確かに想像していたよりも、硬い食感でカリカリしているなというのはありましたが、とてもパサパサとしているのでボロボロとこぼれやすいですし、絶賛されるようなお菓子ではないな。と思いました。

なぜここまでYUKIZURIが人気なのか。それは運の要素が大きかったんじゃないかな?と思います。

例えば、TV番組、雑誌、新聞などで紹介されていく内に知名度がどんどん高くなり、それと同時に美味しいお土産だと思われるようになったのかなと。確かに美味しいことは美味しいんです。

ただ、失礼な言い方になってしまいますが、このくらいのレベルのお菓子なら他にも沢山あると思います。持ち上げられすぎ。と思ったのが私の正直な感想です…。

期待しすぎてしまっただけかもしれませんけどね。

他のお土産が気になるあなたへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す